出頭するときの天秤

出頭(しゅっとう)

犯罪を犯した人が自ら警察などに行った際には、「自首」といったり「出頭」と言ったりします。あなたはその意味の違いをきちんと理解していますか?この言葉にはれっきとした違いがあるのです。しかし、その違いを言うことができる人も限られてくるのではないでしょうか。
今回はそんな「出頭」の意味を自首の意味と比較しながら紹介していきます。

[adstext]
[ads]

出頭の意味とは

出頭とは、事件の犯人が警察、裁判所、役所などに行くことを指しています。ほかにも、ほかの人よりも才能がとびぬけている人やかわいがられて有名になる人を指す言葉として用いられます。

出頭の由来

自首にも似たような意味がありますが、法的な意味でもこの二つの言葉の意味は異なってきます。「自首」とは警察が犯罪事実と犯人を認識している場合に出頭が成立し、犯人が特定されいない時には「自首」が成立するのです。

出頭の文章・例文

例文1.出頭によって犯人が捕まり、事件は終息した。
例文2.出頭した犯人は減刑対象とはならないことが多い。
例文3.出頭ではなく自首のほうが減刑される可能性が高い。
例文4.事件にもし関わることがあるならば、出頭したほうがいい。
例文5.出頭という言葉はニュースなどでよく用いられる。
「出頭した」というニュースは、たいていその犯人が自ら警察などに赴いたことを示します。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

出頭の会話例

  • 質問者アイコン

    この間のひったくり事件の犯人、出頭したんだって。自首じゃないんだな。

  • 回答者アイコン

    警察が犯人を特定していたってことね。とりあえず犯人が捕まったってことね。よかった。

  • 質問者アイコン

    でも、ひったくりとかって再犯率が高いんだって聞いたことある。しっかり罪を認識してくれればいいのに。

  • 回答者アイコン

    そればっかりは個々人の認識によるから何とも言えないわ。でも、もう二度と犯罪に手を染めてほしくないと思うわ。

万引きなども再犯率が高い犯罪であることが言えます。こうした犯罪は簡単に手を染めることができるのでやめられなくなってしまうそうです。

出頭の類義語

出頭の類義語として、「自首」があげられます。

出頭まとめ

法律的観点からは、「自首」のほうが減刑対象となっているため、自首がしたいなら早めにしたほうが良いでしょう。まずは事件に関与しないということが望ましいですが、正当防衛などによって人を傷つける可能性もあるので、一概に言うことはできません。
ですが、そうして犯罪に巻き込まれそうになった段階で警察などに相談をしておくことをお勧めします。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事