出生率は年々低下している

出生率(しゅっせいりつ)

出生率とは人口学に基づいて、一定の人口数における出生数の割合を意味します。しかし、一般にイメージする出生率とは少し異なる所がありますので、そのあたりも今回は意味の乖離や相違についても、わかりやすく解説をしていきます。

[adstext]
[ads]

出生率の意味とは

出生率の意味とは、人口学に基づいて一定の人口数における出生数の割合を指すものです。一般的に人口1000人に対しての出生数を指す事が多くなっています。もちろんこの人口1000人に対してというのは、老若男女問わず入っていますので、日本の人口比を縮小したものと考えられます。それに対して、メディアなどで使われる「出生率」は正しくは「合計特殊出生率」と言って、15歳から49歳までの年齢別出生率を合計して、1人の女性が一生の間で何人の子を産むかを表したものとなります。ちなみに2020年の出生数は865,239人となり、調査が始まった1899年以来最低の数値となり、「合計特殊出生率」は前年から0.06ポイント落ちて1.36人となりました。

出生率の由来

出生率の由来は、人口学が確立され始めた1800年代から概念として認知され、社会の中でも使われ始めて、現在も人口統計学とあわせて使われています。

出生率の文章・例文

例文1.出生率と合計特殊出生率は混同してしまう事が非常に多い。
例文2.一般的には出生率よりも合計特殊出生率を指針とする事が多く、有効な数値となり得る。
例文3.出生率が高まる事で、日本の労働力も増えて、国際競争力が増していくだろう。
例文4.出生率や合計特殊出生率などの数値は毎年厚生労働省が集計・管理をしている。
例文5.出生率が上がるための施策を国を挙げて取り組んでいくべき時期が来ている。
出生率と合計特殊出生率とは非常に間違えやすい言葉であり、多くの人が「出生率」=「合計特殊出生率」と思っているので、間違いには注意しましょう。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

出生率の会話例

  • 質問者アイコン

    日本の少子化問題は非常に根深い問題だよね。

  • 回答者アイコン

    若い夫婦で子供が欲しくても、子供を育てられない状況が出来てしまっているからね。

  • 質問者アイコン

    出生率を上げないといけない!と政治家は声を大にするけど、その施策がないとね…。

  • 回答者アイコン

    本当に今のままでは子供を育てるのは不安でしかないもの。

出生率が下がっている事を危惧する政府の考えには理解を示しつつも、子供を育てられない環境を嘆いている文章になります。

出生率の類義語

出生率の類義語としては「合計特殊出生率」や「少子化」があげれらます。また関連する言葉としては「死亡率」「人口統計学」などもあげられます。

出生率まとめ

出生率の低下は日本社会の国際競争力の低下にも関係があり、労働人口が減れば、生産性をあげるしか国力を保つ方法はありません。現実的に労働生産性を飛躍的に上げる事はオートメーション化が進んでいる現代では難しい為、日本という国の成長には出生率の向上は絶対になくてはならない要因なのです。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事