再雇用した人

再雇用(さいこよう)

年金受給者の年齢の引き上げなどによって、60歳を迎えても年金を受給することができなくなり、年金の受給できる65歳まで収入の空白期間が発生するようになりました。また、企業側も人材確保を何とかしたいという思いもあることから、60歳で定年退職し、再雇用をする企業などが増えてきているのです。
しかし、再雇用にも良いことばかりではありません。今回は、そんな「再雇用」について詳しく見てみましょう。

[adstext]
[ads]

再雇用の意味とは

再雇用には、労働者が定年になった際に、再び雇用する「定年後再雇用」と、妊娠、出産、育児を理由にして退職した女性をもとの企業が新たに雇用する「再雇用」などがあります。一般的な再雇用としては、「定年後再雇用」のイメージが強いのではないでしょうか。

再雇用の由来

現在の日本企業の定年とは、60歳~65歳以上と幅が広くなっています。65歳定年制という働き方もありますが、再雇用とは一時的に退職した後に再度雇用するということです。この働き方によって、減額や労働時間の時間短縮などといった措置をされる場合もあるので注意が必要です。
しかし、あまりフルタイムではたらくと年金の減額につながりかねないので、注意が必要です。

再雇用の文章・例文

例文1.再雇用によって、労働時間が短縮されて余暇の時間が増えた。
例文2.再雇用制度は、ライフスタイルがどんどん変わってきている風潮とは逆だと思う。
例文3.再雇用によって、いままでの給与から思うと減額になっていたりするので、そういったところにも注意したほうがいい。
例文4.最近の高齢者は元気だから、再雇用などによって働いたほうが精神的にも楽なのかもしれない。
例文5.再雇用によって、上層部の人間の空きが少なくなり、人材滞留につながりかねない。
人材確保が急務な企業にとって、このような措置は喜ばしいことではないでしょうか。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

再雇用の会話例

  • 質問者アイコン

    最近、高齢になっても年金は受給できるかわからないし、将来が困窮しそうで怖いよ。

  • 回答者アイコン

    企業も人材確保に躍起になっているし、そこで再雇用などの措置によって一時的に食い止めようとしている動きがあるわね。

  • 質問者アイコン

    60歳になって退職して、再就職先を探すの大変そうだもんな。でも、FIREムーブメントとかとは逆行していることになるね。

  • 回答者アイコン

    結果的には、高齢になっても選択肢が広がるということだから、いろいろ考えておきたいわね。

高齢になっても潤沢な資金を確保したいと思うのなら、今からでも定年した後について考えておいたほうが良いかもしれません。

再雇用の類義語

再雇用の類義語として、「アーリーリタイア」「65歳定年制」などがあげられます。

再雇用まとめ

最近の60歳はまだまだ元気です。昨今の少子高齢化に伴って、60歳のライフスタイルがこれからどういったものになるかに注目が集まっています。若い人もそのことを見据えた動きをすることで、将来に選択できる幅が広がるのではないのでしょうか。
これからのことはまだわからないといって思考を放棄させるよりも、先々のことを見据えた補償などを考えたりすることも大切だと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事