再感染してしまった人

再感染(さいかんせん)

先日、新型コロナウイルスへの感染が判明し、症状の回復後陰性が確認された女性が再び症状がぶり返して再び陽性になってしまったことが発覚しました。この状態が持続感染していたことによって回復したと思っていても新型ウイルスがどこかにあり、それが増殖したか、陰性になった後にもう一度再感染したのかわかっていません。
今回は、この再感染について詳しく見てみましょう。

[adstext]
[ads]

再感染の意味とは

再感染の意味とは、「感染後にできる抗体が長時間持続しないなどによって、一度感染して治癒した患者がまた感染してしまうこと」を指します。

再感染の由来

新型コロナウイルスに関しての感染者についての報道が連日されていますが、感染した人が療養して治癒した後にも、感染が確認されることが確認されています。
しかし、この状況が必ずしも再感染によるものか、持続感染していたものかに関してはまだわかっていません。

再感染の文章・例文

例文1.再感染による患者は重篤化しやすいとの話も持ち上がった。
例文2.再感染の場合には、一度作った抗体が持続しないなどの問題をはらんでいるということが言える。
例文3.再感染を起こすからといって、重篤化しやすいかは別問題だ。
例文4.この再感染によって、治癒し陰性と出た人でも、もう一度感染するリスクがある。
例文5.再感染するかどうかの明確な情報はまだ調べられていない。
再感染のリスクはありますが、それが明確に調査はされていないので、デマ情報などに踊らされないようにしましょう。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

再感染の会話例

  • 質問者アイコン

    今回の新型コロナウイルスに対しての不安は尽きないね。再感染の疑いとかもあるんでしょ?

  • 回答者アイコン

    そうね。でも、まだその可能性が示唆されているだけで、実際にそうかは別問題なのよ。

  • 質問者アイコン

    わかってはいるんだけどね。でも、どうしても不安をあおられる情報のほうが飛びついてしまうんだ。良くないとは思っているんだけど。

  • 回答者アイコン

    自覚があるならいいんだけど、自覚なしに過度に怖がらないようにしなきゃね。

新型コロナウイルスに関して、不安をおあおる情報のほうが人の目を引いてしまいます。そのことに自覚を持ちましょう。

再感染の類義語

再感染の類義語として、「持続感染」があげられます。

再感染まとめ

先日、ある医師の動画投稿が注目されました。その内容とは、「今回の新型コロナウイルスには再感染によって重篤化しやすい傾向があり、注意が必要」といった不安をあおるものでした。
その動画投稿に対して、専門家は、「こうした情報の出典となる論文などが明示されておらず、またそのような情報は確認されていない」という意見もあり、「再感染による重篤化」による情報には気を付けるようにしましょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事