公式マーク(こうしきまーく)

公式マークとは、TwitterInstagramなどのアカウント名の横にある青いマークのことで、芸能人や著名人、企業などの公式のアカウントであることを証明するものです。SNSでは、本人以外の人がなりすましで著名人を名乗ったアカウントも多くあり、それが詐欺などと言ったトラブルにつながることもあるため、公式マークがついていれば本人であることが間違いなく信頼できて安全という事です。では今回は、その公式マークについて解説していきます。

[adstext]
[ads]

公式マークの意味とは

公式マークは、TwitterInstagramなどといったSNSにある公式アカウントであることを証明するものです。「認証バッジ」とも呼ばれ、芸能人や著名人、企業などの公式であることを証明しているため、信頼性が高まります。また、なりすまし被害の抑制、防止や、フォロワー増加などの効果があるとされています。公式バッジが付くアカウントは主に、政府機関や、企業ブランド組織、芸能人や活動家、有識者などとなっています。本物であり、コピーライトなどのない独自性があり、有名であることが条件であるようです。

公式マークの由来

公式マークが使われるようになったきっかけとして、2009年に大リーグのセントルイスカージナルスのマネージャーだったトニー氏が、Twitter上でなりすましの被害を受けて訴訟を起こしたことがあげられます。それを機にTwitter社が、アカウントの本人であることを証明する公式マークを設けて、なりすましの被害を抑制することを対策として行なったことが由来となっています。

公式マークの文章・例文

例文1.芸能人で公式マークの申請が通らなかったというツイートを見かけた
例文2.ずっとフォローしていたアカウントが偽垢だったというのを、別の公式マークのあるアカウントによって気づいた
例文3.公式マークがついていなくても本人のアカウントであることは間違いないだろう
例文4.公式マークの申請の仕方が分からない
例文5.公式マークが承認されるのはある程度の水準をクリアしているアカウントである必要がある
公式マークを使った例文になります。有名な人であり本人確認込みで申請をしていても、承認されないことがあるようなので、公式マークがついているアカウントは厳しい審査を通過した信憑性の保証されたアカウントとなっています。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

公式マークの会話例

  • 質問者アイコン

    会社のメディアのアカウントで公式マークの申請出してるんだけど、なかなか承認されないよ。

  • 回答者アイコン

    色々審査の項目があるみたいだからね。有名人でもなかなか審査通らないみたいだよ。

  • 質問者アイコン

    そうなんだね。公式マークの申請が通れば、これからますますフォロワーの増加も見込めるし企業としても動いていけるんだけどな。

  • 回答者アイコン

    早く承認されるといいね。

会社のメディアのアカウントを公式マーク申請していることについて話している様子です。審査項目が多く、なかなか通りにくいうえ、いきなり公式マークが消えることもあるようなので、それだけ厳重という事です。

公式マークの類義語

公式マークの類義語は、「認証バッジ」「本人確認マーク」などがあげられます。

公式マークまとめ

公式マークはTwitterInstagramといったSNSで、有名人などのアカウントで本人であることを証明するものでした。これによってなりすましの被害の抑制を主に行なっています。また、信憑性が保証されるため、広く伝えたい情報を正しく伝えられ炎上を防止するという効果もあります。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事