入国拒否されている人

入国拒否(にゅうこくきょひ)

新型コロナウイルスによって世界的流行の片りんを見せている昨今、流行している国からの入国を制限する動きが各地で活発になってきました。この措置は、できるだけ新型コロナウイルスを国内に入れないようにするという措置で、その措置もここまで広がってしまった今、どこまで効力を持つのかは不明です。
今回は、「入国拒否」について詳しく見てみましょう。

入国拒否の意味とは

入国拒否とは上陸拒否とも言い、その対象となる国からの入国を拒否することを指します。

入国拒否の由来

入国拒否される理由としては主に2つあります。一つ目は、国の安全を脅かすようなテロの可能性、違法物を持ち込もうとしている場合、渡航先で不法就労する可能性がある場合は入国拒否されます。
今回の新型コロナウイルスは前者の国の安全を脅かす場合に当てはまります。

入国拒否の文章・例文

例文1.入国拒否によって、その国に渡航することができなくなってしまった。
例文2.入国拒否を適用されてしまっても、特段の事情がある人は対象外となる。
例文3.入国拒否の措置をすることはこの事態において大きな意味を持つとは思えない。
例文4.この入国拒否によって、観光客が激減してしまうだろう。
例文5.入国拒否が遅くなってしまったのは、観光業の収益が見込めないからかもしれない。
水際対策の強化として、入国拒否をしていますが、この対策は有効なのか疑問が残ります。

入国拒否の会話例

  • 質問者アイコン

    韓国、イランも入国拒否するんだって。でも、この対処って、できれば中国の春節の時に行うべきだったんじゃなかったのかな?

  • 回答者アイコン

    検疫を設けることで防げると思ったんじゃない?でも、実際は潜伏期間も長かったことからも防ぐことは難しかったってことじゃない?

  • 質問者アイコン

    まあ、そういうことなんだけど。でも、今回の対処ではっきりと感染症に対する対抗策が十分ではないことが証明されてしまったね。

  • 回答者アイコン

    それが今後の支持率などに大きく関わってくるんじゃないかしら。

水際対策をいまさら強化しても遅いんじゃないかという意見も多くあります。

入国拒否の類義語

入国拒否の類義語として、「入国制限」「上陸拒否」などがあげられます。

入国拒否まとめ

入国拒否の対処としては、中国人観光客が多く滞在することになった春節の時期に行うべきだったのではないかという意見がみられます。しかし、この時期に入国拒否してしまうと、観光業に大きなダメージがあることからも、できなったのではないかと推測できます。
しかし、全国各地に感染者が続出している今、対象地域を入国拒否しても新型コロナウイルスを食い止められるのかには疑問が残ります。今後、どのような対策を講じるのかにも注目が集まります。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事