党利党略は非常に重要だ

党利党略(とうりとうりゃく)

党利党略とは、政党・党派の利益となるように巡らせる策略のことです。良い意味でも悪い意味でも政治は利権の巣窟であり、そういった意味でも党利党略があるのは仕方がないのですが、それでも行き過ぎれば、政治が腐敗の温床となってしまいますので、注意が必要ですね。「党利党略」について詳しくわかりやすく解説をしていきます。

[adstext]
[ads]

党利党略の意味とは

党としての利益とそのための図り事のことです。党が利益を得るための戦略とも言えます。

党利党略の由来

党利党略の「党利」とは政党の利益のことを表しており、一般的には自分の所属する政党の利益を優先するため議員が自分の所属する党を示すことが多いです。また、「党略」は政党、党派の策略のことです。これらの言葉を組み合わせて党利党略という言葉成り立っています。

党利党略の文章・例文

例文1.あの政策は党にとっても国民にとってもよいものであり、党利党略の政策である。
例文2.政権交代が目的となってしまい、印象操作が甚だしく、党利党略の現状が垣間見える。
例文3.党利党略の大切だが、国民が納得する内容でなければ今度の選挙で与党となるのは難しいだろう。
例文4.選挙が近づくと政治に関するニュースが多く報道されるため、党利党略について耳にすることも多々ある。
例文5.どの党にとっても自分の所属する党の利益になる政策はとても嬉しいことなので、党利党略を推し進める。
これらから党利党略という言葉は、政治について理解する上で大切です。特に議会などの様子を見ていると党利党略という言葉を使える場面もあるでしょう。是非覚えておいてください。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

党利党略の会話例

  • 質問者アイコン

    今度選挙があるけど、政策が党利党略で民意があまりが反映されていない党は票を集めるのは難しいかもね。

  • 回答者アイコン

    そうだね。国民の意見が優先されている政策でも現実味がなければ、投票する側としてはあまり期待できないしね。

  • 質問者アイコン

    うん、その通りだと思うよ。どの党が政権を握るかまだわからないから政治に関するニュースから目を離せないよ。

  • 回答者アイコン

    僕もそうだよ。今後どうなっていくかとても気になるよ。

党利党略という言葉は、国民の意見とは対立した言葉として扱われることが多いのが特徴です。それは、党の利益が国民にとってはあまり利にならないこともあるからでしょう。使い方だけではなく、よく使われる場面なども覚えておくとよく党利党略について理解できるのではないでしょうか。

党利党略の類義語

党利党略の類義語には、「権力闘争」「体制打倒」「政権交代」「策を弄する」「やっさもっさ」などがあります。

党利党略まとめ

党利党略という言葉は、選挙のときにも耳にする言葉かと思います。それは、国民が政策などを見て投票することが多いからだと感じます。党利党略という言葉を知っていて損にはならないので知っておいて使いこなせるといいですね。メディアが報道するニュースでも党利党略という言葉を知らないと内容を理解できないかもしれないで、是非意味、類義語、使い方を合わせて覚えておくとよいのではないでしょうか。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事