先入観にとらわれている人

先入観(せんにゅうかん)

みなさんもこの言葉に惑わされたことがあるのではないでしょうか。仕事で、プライベートで先入観というものはとても厄介でみんなが「そう思っていた」と口を揃えます。さて、そんな先入観ですが、みなさんは正しく使っているのでしょうか。一度確かめてみましょう。

先入観の意味

先天的に固定的な観念が思考を妨げることのことをいいます。しかし、こうしたことは誰でも起こり得ることであり、「思い込み」とも言えます。

先入観の由来

「先入観」を二つの語に分けてご説明します。
「先入」とは、「思い込む」という意味があり、心の中や場所などに先に入っていることを指します。「観」は、「外から見た様子」のことを指し、物事を詳細に観察することをいいます。

先入観の文章・例文

例文1.あの人は仕事ができるという周りの評価による先入観に惑わされてしまった。。
例文2.水道の開通には立ち合いが必要ないという先入観によって、余計に時間がかかってしまった。
例文3.先入観によって損をしないように、「本当にそうなのか。」と自分に聞くようにしている。
例文4.「先入観にとらわれない人事を行う」という会社の方針に不審が募る。
例文5.この仕事を任せるには、先入観にとらわれない自由な思想を持つものが良い。
先入観と聞き、あまり良いイメージはありません。むしろ、先入観によって損をするイメージではないのでしょうか。

先入観の会話例

  • 質問者アイコン

    新しく配属された田中さんって面接で自己PRとかしなかったんだろ?大丈夫なのか?

  • 回答者アイコン

    まあ、そういう話もあるけど、実際に働いてみないとわからないでしょ。ここの人手不足もばかになんないんだから。先入観にとらわれすぎもよくないわ。

  • 質問者アイコン

    それでも、一緒に仕事したいかどうかじゃ別だろ?

  • 回答者アイコン

    貴方だって、面接のときに遅刻したんでしょ?似たようなものと言われても仕方ないわよ。

先入観によって、仕事がうまくまわらないというときもありますね。うまくいかないときは、一度考え直すことも必要だと思います。

先入観の類義語

先入観の類義語として、「既成概念」や「固定観念」などがあげられます。

先入観まとめ

仕事やプライベート問わず、この言葉に縛られてしまうということを経験した人は少なくないでしょう。しかし、そういったときでもどうにか抜け出すために立ち戻ることも良いのではないでしょうか。
みなさんも「先入観なんてない!」なんてときに限って先入観にとらわれていることもあるのですから、考え直すこと、一度疑ってみるということを忘れないようにしたいですね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事