可愛がられている赤ちゃんに僻む姉

僻み(ひがみ)

自分と誰かを比較して自分の方が劣っていると感んじてしまった際に言葉や態度で相手を攻撃してしまうことは誰にでもあり得る話です。本当は劣っているなんてことないのに、思い込みで自分を卑下してしまう、この「僻み」はそんな人に対して使われる言葉かと思います。
具体的な意味や使い方などをこれから説明していきたいと思います。

僻みの意味

ひねくれた言動、自分が不利なように物事を歪めて考えることを意味する言葉になります。

僻みの由来

僻みという漢字に含まれている「辟(へき)」という漢字は刑罰を受ける人の様子を表現しており、その刑罰を受ける人はひねくれた考えを持ってることが多いとされ、それが転じて「ひねくれた人、自分に不利なように歪めて考える人」という意味になったそうです。

僻みの文章・例文

例文1.昔は姉の方がお年玉を多く貰っているのは可愛いからだと僻んでいた
例文2.彼女は自身を過小評価しがちでよく周りは恵まれた環境で育っていると僻んでいる
例文3.私の職場の上司はとても僻みっぽく言葉に気をつけなくてはいけないから大変だ
例文4.夫はよく家庭環境が悪かったと周りと比較して僻みを言っている
例文5.先輩はあいつが試合に出られるのはコーチに気に入られているからだと僻んでいる
例題から分かるように「僻み」は悪い印象の言葉となります

僻みの会話例

  • 質問者アイコン

    また同期の昇格が決まったよ、同じ時間仕事してるのに俺だけずっと平社員のままだ、もう嫌になるね。

  • 回答者アイコン

    そんな風に言わないでちょうだい
    このあいだの会議でも話し合われたけど、あなたはこのプロジェクトに必要だから残されているのよ。

  • 質問者アイコン

    そんなの気休めだよ。そう言っておけばいいと思ってんだ、皆は仕事が出来て、俺は評価できるほど仕事ができてないんだよきっと

  • 回答者アイコン

    そんな僻みはやめてもっとポジティブにいきましょうよ

「僻み」を使った同期の昇格に嘆く男性と慰める同僚の女性との会話になります。

僻みの類義語

僻みの類義語には「妬み」があげられます。似た言葉ですが正確には意味が異なるので間違って使わないように注意が必要になります。

僻みまとめ

刑罰を受ける人はひねくれていて、歪んだ考えをしていることから生まれた僻みという言葉、あの人の方が可愛いから待遇がいいとか、頭がいいから、愛想がいいから、など様々な理由をつけて相手より自分が劣っていると感じて落ち込んでしまうことはよくあります。ただそれを態度や言葉に出すと歪んだ考えから抜け出せなくなり、周りの人もよく思わないかもしれません。もしかしたら自身でも気がつかないうちに誰かと自信を比較して僻んでしまっているかもしれません。自分の考え方はひねくれてしまっていないかぜひ一度確認をして見てください。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事