働き方改革を進める

働き方改革(はたらきかたかいかく)

時代の流れとともに、企業のあり方や会社における従業員を尊重するような変革や見直しが起こっているのはご存知でしょうか?いわゆる「働き方改革」というものになりますが、この働き方改革とは具体的にどういうものを指しているのか、その意味や言葉としてどういう時に使うものなのかを解説していきます。

働き方改革の意味とは

働き方改革とは、簡単に言えば「一億総活躍社会に向けた取り組み」の一環を指しています。高齢化が加速している日本社会において、国民一人一人があらゆる環境の中で活躍できるようにという点に向けた取り組みが「一億総活躍社会」が目指すところです。その中の一環として、働き方改革が提唱されました。その中には、働き方の多様化や格差固定化の回避、成長と分配の好循環などを目標として掲げています。

働き方改革の背景

そもそも、一総活躍社会の構想が生まれた背景としては、日本人口の減少にあります。現状でも年々人口が減少傾向にあるとされていますが、今のままのペースで行くと2105年頃には日本人の人口は約4500万人まで減少すると言われています。その中の課題として、国全体の生産力の低下があり、政府が本格的に「働き方改革」に乗り出したという事です。

働き方改革の文章・例文

例文1.国の生産性を上げるために、働き方改革が提唱された
例文2.大企業は次々と働き方改革を実践している
例文3.働き方改革を掲げている企業は多い
例文4.スタートアップ企業も働き方改革を掲げている
例文5.働き方に多様性を持たせるためにも、働き方改革は必要だ
例文にもあげているように、働き方改革を推奨している企業は多いので、自然と耳にする機会も多いかと思います。

働き方改革の会話例

  • 質問者アイコン

    この間、社長が働き方改革の話をしていたよ。

  • 回答者アイコン

    そうなんですか?
    具体的には何が変わるんですか?

  • 質問者アイコン

    まだ未確定だけど、足がかりとしてフレックス制度とリモートワークを取り入れるらしいよ。

  • 回答者アイコン

    働き方に関して自由度が出てくるのは嬉しいですね。

すでに導入されているような企業だと、会話例のような要素があるのではないでしょうか。労働という点に関して幅を持たせてプライベートとの両立を図る企業は多いですね。

働き方改革の類義語

働き方改革は政府の取り組みの名称なので、類義語というのは存在しませんが、関連するワードだと「ワークライフバランス」や「ノー残業デー」といった、仕事とプライベートを両立するための取り組みが現状は多いですね。

働き方改革まとめ

背景としては、国力の低下を見越した取り組みではありますが、それによって働き方の幅ができるようになるのは、誰にっとてもプラスなことではないでしょうか。ただ、企業によってそれが取り入れられるかは別問題なので、就職・転職を考えている人はそういった点へ意識を持っていくの重要な要素だと思います。

働き方改革の実現に向けて/厚生労働省
こちらは厚生労働省が出している働き方改革のサイトになります。気になった方は併せて見てみてください。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事