債務不履行

現在不景気と言われる状態が続く中、債務不履行をせざるを得ない人も多くいます。また逆に、債務不履行を故意に繰り返すことで、大規模な詐欺事件に発展する場合もあります。難しい表現方法として「債務不履行」という言葉を使うことも、インターネットや読み物などでは増えてきており、馴染み深い言葉に変化しつつもあります。しかし実際の意味を知らないまま、言葉を使い続けることは、時には非常に危険なことです。ここではそのような言葉の一つである「債務不履行」についてご説明します。

債務不履行の意味とは

債務不履行とは、故意や過失により自分の債務を履行しないこと、となります。債務とは、特定の相手に金銭の支払い・物の譲渡をするべきである状態であり、法律で決められた相手への義務です。簡単な例には借金を返すことや、相手先に商品を納品することが挙げられます。
不履行とは、履行を指定ない状態をいい、まとめると債務不履行とは「相手に支払や受け渡す義務があるにもかかわらず、義務を果たしていない状態」をいいます。

債務不履行の由来

「債」は本来、借金を始めとする、他人から借りた負い目の事を言います。他にも借金の返済を求める行為も指し、「務」(自分が引き受ける仕事)と合わせて「借金を返済する仕事」=必ずする返済ということになります。この義務が「履行」(特に約束を実際にすることを)されないという言葉に集約されています。

債務不履行の文章・例文

例文1.支払期限が遅れ、債務不履行になってしまった
例文2.引き渡しされる気配がなので債務不履行とした
例文3.債務不履行にならないよう、計画的に支払いをする
例文4.債務不履行で直接強制されてしまい、金目のものがない
例文5.債務不履行のため、損害賠償を請求する
金銭のやり取りや、商品のやり取りを契約違反してしまった時、相手に請求権を履行したり、請求権を強制的に履行された時などに使う言葉です。あまり良い言葉ではなく、信頼を損なう状態でもあることに注意が必要です。

債務不履行の類義語

債務不履行の類義語として、時折話題に上がる「デフォルト」が挙げられます。また簡単な言葉として「約束を破る」「踏み倒される」「不良債権」「未回収」と、借金や契約の一方的な破棄に関する言葉が中心です。

債務不履行まとめ

債務不履行という言葉は、書類や新聞など、改まった場所で使われる事が多い言葉です。意識せずに聞く言葉なので放置しがちですが、実際に意味を知ると、非常に大きな問題となる言葉になります。実際に債務不履行とならないように、厳密な金銭感覚を持つことが大切です。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事