傲慢(ごうまん)

自分の実力や知識が勝っていると思うと思いあがって、つい人を下に見下していまうこともあると思います。日本人は、時として他人を基準として物事を相対的に見る節があるので、自他を比べることがあれば当然優劣をつけてしまうこともあります。ただ、自分が優れているからといって他人を下にみている発言ばかりしていると周囲から傲慢であると思われることもあります。今回は、そんな傲慢と呼ばれる人とは具体的にどんな人なのか使い方はどうなのか、みていきたいと思います。

[adstext]
[ads]

傲慢の意味とは

傲慢の意味は、相手を見下して思いあげっている人の態度のことです。キリスト教の七つの大罪に数えられます。傲慢は、旧約聖書でも自分の能力や実力を過信する態度のことを意味しています。覚えておくといいと思います。

傲慢の由来

傲慢の「傲」は驕ることを意味し、「慢」は侮るといった意味があります。このことから傲慢は、驕り相手を侮るという意味で使われるようになったと考えられます。また、キリスト教での傲慢は、人間一般の想念の一つに当たります。

傲慢の文章・例文

例文1.彼の凄まじい実力と覇気を見れば、傲慢であることも納得できるだろう。。
例文2.自分に自信があるからといって、傲慢にひけらかすことなく、謙虚に生きる。
例文3.彼が最近テレビでよくみるようになったのは、その傲慢すぎるキャラクターと毒舌なコメントが面白いからに違いない。
例文4.七つの大罪である傲慢の罪の重さは計り知れない。
例文5.いつも周囲を見下して、傲慢な態度をとっている彼は人の気持ちが理解できないのかと思う。。
これらから傲慢という言葉は、歴史的な話しなどで使われることが多いです。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

傲慢の会話例

  • 質問者アイコン

    君は、週刊少年マガジンで連載していた七つの大罪という作品を知っているかい。

  • 回答者アイコン

    うん。勿論さ。僕は週刊マガジンが毎週確認しているからね。

  • 質問者アイコン

    そうなんだ。僕はあの作品の七つの大罪の一人、傲慢の罪が好きなんだよね。

  • 回答者アイコン

    それは、いいね。連載は終わってしまったけど今度アニメが放送されるから楽しみだね。

これは、七つの大罪という週刊少年マガジンで連載されていた七つの大罪という作品について話している様子です。

傲慢の類義語

傲慢の類義語には、「不遜」「驕傲」「自惚れ」などがあります。

傲慢まとめ

キリスト教の七つの大罪である罪、傲慢を知っている人今日多く存在すると思います。それは、歴史的な名称をキャラクターの二つ名として命名しているフィクションの作品などが多く存在するからです。気になった人は、いろいろな作品を見ていると楽しめると思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事