侮蔑された屈辱は法廷で晴らす

侮辱(ぶべつ)

侮辱とは、罵り辱めることです。映画やドラマなどで相手の過去の過ちや失言などをあげて相手を辱めることを目にしたこともあると思います。それはフィクションの世界には限らず、現実でも侮辱することで優越感を持つ人もいます。された側はとても嫌な思いをすることになります。そんな侮辱ですが、どういった使い方をされるのかみていきます。

[adstext]
[ads]

侮辱の意味とは

侮辱の意味は、罵り辱めることです。侮辱はほとんどいい意味で使われることがないです。そのため、侮辱するということは、相手に不快な思いをさせることになります。軽率な発言から思わぬことで相手のこと侮辱してしまうことになります。なので注意するよう心がけることが大切です。

侮辱の由来

侮辱の「侮」は相手のことを軽くみて扱うことを表しており、「辱」ははずかしめることを表しています。これらの言葉を組み合わせて侮辱が成り立っています。

侮辱の文章・例文

例文1.彼はいつも嫌味を言うような性格で、多くの人を侮辱するようなことを言っている。
例文2.インフルエンサーは、発言に影響力があるため、軽はずみな発言によって侮辱してしまうと炎上するおそれがある。
例文3.スポーツ選手に対して体調管理に関して素人が指摘をすることは侮辱されたと感じられてもしょうがないね。
例文4.彼の親族に対する侮辱を受け、相手のことを許せない気持ちでいっぱいになる。
例文5.いくら、罵倒や侮辱されようと心を乱さない彼女のメンタルは鋼のようだ。
これらから侮辱という言葉は相手を罵る場面で使うのに適しています。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

侮辱の会話例

  • 質問者アイコン

    やっぱり、僕が馬鹿にされるのはいいけど知り合いだったり、家族だったりが侮辱されるのは許せないね。

  • 回答者アイコン

    そうだね。身内について悪く言われることはあまり快く思えないよね。

  • 質問者アイコン

    うん。もしかしたら侮辱していると思っていないのかも知れないけどそう言った言い回しはやめてほしいと思ったよ。

  • 回答者アイコン

    うん。言葉遣いや気を使うことは大切だよね。

彼らは言葉遣いの大切さについて話しています。

侮辱の類義語

侮辱の類義語には、「蔑視」「嘲弄」「罵倒」「皮肉」などがあります。

侮辱まとめ

感情が高まってしまって思わず、思いもしないようなことを言ってしまうことがあれば、相手は傷ついてしまいます。更にあからさまな侮辱となれば、多くの人は不快に感じることです。言葉遣いには、気をつけることは大切なので意識出来るといいと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事