佳趣(かしゅ)

佳趣とは、趣のあるものことです。また、優れた景色のことです。皆さんは優れた景色を見て心を動かされたことはありますか。自然によって形成された地形や風景に思わず、言葉を失い、見入ってしまうこともあると思います。例を挙げるとしてたら、登山をしたあとに山の頂上から見ることのできる景色です。高いところから様々なものを見渡すことができて自然の壮大さを感じられる風景だと思います。そんな優れた景色のことを言い表すことができるのが佳趣です。今回は、そんな佳趣について使い方や由来などとともにみていきたいと思います。

[adstext]
[ads]

佳趣の意味とは

佳趣の意味は、趣のあるものことです。また、優れた景色のことも意味します。佳と趣という漢字からもわかるように景色の中でも趣があり、美しい景色を言い表すことができる言葉です。

佳趣の由来

佳趣の「佳」というのは、優れてよいさまや美しいさまを表すことができ、「趣」は味わいや面白み、景色などを表す言葉です。これらの言葉を組み合わせて優れた景色を表す言葉として佳趣が使われるようになったと考えることができます。

佳趣の文章・例文

例文1.観光地では、普段では目にすることのできない様座な佳趣を楽しむことができた。
例文2.素晴らしい芸術家の多くの芸術作品には、佳趣を題材としたものがある。
例文3.佳趣の中には、名勝として指定されて今日もなおその景観を守られている。
例文4.私の住んている場所は田舎であるが、様々な佳趣を日常的に目にすることができるのでとても好きである。
例文5.彼は佳趣を巡り、写真を撮ることを趣味としている。
これらから佳趣は、優れた景色を表すことができる言葉です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

佳趣の会話例

  • 質問者アイコン

    昔は、よく海外旅行に行って世界各国の観光地を巡ったものだよ。

  • 回答者アイコン

    そうなんだね。道理で君は世界遺産や世界の食べ物や慣習などに詳しいんだね。

  • 質問者アイコン

    そうだね。今でも世界の佳趣を一目みたいと思って旅行に出かけることもあるけどね。

  • 回答者アイコン

    そうなんだね。今度旅行に行ったら感想を聞かせておくれよ。

これは、海外旅行が好きなことを話している様子です。

佳趣の類義語

佳趣の類義語には、「奇趣」「趣向」「趣致」などがあります。

佳趣まとめ

佳趣という言葉は、趣があり良い様子であることを表す際にも使われます。味わいがある作品や面白みのあるものなどに対して佳趣ということができます。そういった使い方もされるということを覚えておけるといいと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事