住宅ローン減税

住宅ローン減税は、ローンを組んで住宅を購入する人にとって、とても大切な制度です。

住宅ローン減税の意味とは

住宅ローン減税とは、文字通り、住宅ローンを組んだ人に対する特別な減税措置です。この適用を受けるには、ローンを購入する物件の総床面積が50平方メートル以上で、10年以上の借入れになる契約だという条件が付いていますが、ローンを組んでから10年間、年間に最大50万円まで、所得税から購入価格の1%の減税を受けることができます。(所得税から全てを控除できない場合は、住民税から残りを控除できます)
そして、2019年の10月から消費税率が10%に引き上げられることに対する特別措置として、同年の10月1日から翌年の12月31日までの間に入居する場合に限り、上記の10年という期間が13年に延長されることが決定しています。更に、この適用を受ける場合、11~13年目は控除率が1%から2%になります。(※2018年12月14日現在の決定内容で、その期間の年間の上限金額についてはこれからの決定です)

住宅ローン減税の由来

住宅ローン減税という言葉の由来は、住宅ローンを組んだことによって、減税が受けられることからです。対象となるのは、新築の一戸建て住宅だけでなく、中古物件や、マンションのような共同住宅でも構いません。確定申告の際には、「住宅ローン控除」として扱われます。

住宅ローン減税の文章・例文

例文1.住宅ローン減税のお陰で、毎年約30万円ほど助かっています
例文2.中古住宅でも住宅ローン減税が受けられることを最近人に聞いて知った
例文3.どうせなら、住宅ローン減税が受けられる物件にしようと考えるのが当然だよ
例文4.住宅ローン減税が受けられると言っても、長期のローンになることには変わらない
例文5.住宅ローン減税を期待してマンションを購入したが、まさか、受けられないとは…
住宅ローン減税は、総床面積が50平方メートル以上でないと適用を受けられません。一戸建てでは、全ての階の総面積で計算できるので、この減税が適用できるケースが多いのに対し、マンションの場合は足りないことも多いので、これには注意が必要です。(一般的に、2LDK以上の広さでないとまず足りません)

住宅ローン減税の類義語

住宅ローン減税のように、何かの契約をしていることで減税が受けられる制度に、「生命保険料控除」があります。これは、生命保険の年間の支払い金額に応じて、所得税と住民税から減税が受けられるという内容になっています。住宅ローン減税とは違い、生命保険の契約さえしていれば、必ず適用を受けられるという特徴があります。

住宅ローン減税まとめ

住宅ローン減税は、全ての住宅ローンに適用できる訳ではありません。これからローンで住宅を購入することを考えている人は、この減税を受けられる物件かどうか、きちんと確認した方がいいでしょう。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事