伝染力が強いので距離を置くこども

伝染力(でんせんりょく)

新型コロナウイルスについての伝染力についてWHOの見解としては、季節性インフルエンザよりも高くないと示しました。しかし、インフルエンザよりも重症化する患者はより多く、致死率は3.4%とインフルエンザよりも高いと指摘しました。
感染力という言葉は聞くようになりましたが、今回の「伝染力」という言葉は感染力と違うのでしょうか。詳しく見てみましょう。

[adstext]
[ads]

伝染力の意味とは

伝染力の意味とは、伝染する、つまりほかの人に病気がかかりやすいかの力を指しています。

伝染力の由来

伝染力の伝染とは、「悪いことがうつること、病原菌による病気がうつることで同じ症状をあらわすこと」としています。対して、感染とは「細菌やウイルスなどが体内に侵入すること、ほかのものの影響を受けることによってその性質に染まること」としています。
細菌やウイルスなどが体内に侵入することは「感染」、そしてその病原体が原因で発症した病気のことを「感染症」その感染症が生物から別の生物へうつることを「伝染」と呼び、その病気のことを「伝染病」といいます。

伝染力の文章・例文

例文1.伝染力が強いと感染リスクが高いと思ってよいだろう。
例文2.感染力に対して、伝染力という言葉はあまり使われない。
例文3.伝染力の指標によって、今後の対応策が異なってくるだろう。
例文4.伝染力が強い病気として、季節性インフルエンザがあげられる。
例文5.伝染力がインフルエンザよりも低かったとしても重症化する患者はインフルエンザよりも多い。
WHOの見解は、世界的にあまり良い知らせとは言えないものでした。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

伝染力の会話例

  • 質問者アイコン

    WHOが新型コロナウイルスの伝染力について言及しているよ。でも、この話ってどこまで信用していいんだろう。

  • 回答者アイコン

    確かに、こんな混乱しているなかでの数値は信用できないかもしれないけど、指標としてとらえるのには良いのかもしれないわ。

  • 質問者アイコン

    世界経済の動きも気になるし、この新型コロナウイルスの対応策でドタバタしているしで、何が何やらだよ。

  • 回答者アイコン

    そのなかでWHOでの見解はとても有益だと思うわ。今後の世界各国の動向にも注目が集まるわね。

伝染力についての見解を発表したことで、インフルエンザとの比較がおこなえるようになります。

伝染力の類義語

伝染力の類義語として、「感染力」「WHO」などがあげられます。

伝染力まとめ

伝染力の指標として、WHOは季節性インフルエンザをあげました。このインフルエンザよりも新型コロナウイルスの伝染力が低いことがわかりました。このことによって、インフルエンザのように同じ空間にいるとほぼ感染するほどではないおとがわかります。
しかし、この結果も混乱を極めている中での指標であることを知っていてほしいです。今後の研究結果により、さまざまなことがわかるかと思いますが、冷静になって発信元の情報を収集し、情報を精査することが大切です。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事