休憩を取る男性

休憩(きゅうけい)

部活動や授業間、作業の合間にちょっとひと休み。昼食の時間や仕事の合間に。様々な場面で使われ、生活に必要な休憩時間。
そして労働基準法では、1日の労働時間が6時間を超える場合は少なくとも45分、8時間を超える場合は少なくとも1時間の休憩時間を労働時間の途中に与えること、そして、休憩時間を自由に利用させるべきことを規定しています(労働基準法34条)。さて、休憩とはどのような状態を表すのか、解説していきます。

休憩の意味

何かを行なっている途中で少しの間休むこと。
仕事や運動などを小時間中止して緊張を解き、心身の疲れを直すこと。ひと休み。休息。いきつぎ。

休憩の由来

「憩」は、「活」 (活気) の省略形の「舌」と「息」 (休息) を組み合わせた字であり、休息して活気を取り戻すと言う意味になります。休息に近い言葉言葉になりますが、この場合は腰を下ろして少しの間休み、続きを行うことを指します。

休憩の文章・例文

例文1.4時間作業したし、もうお昼でお腹が空いたから少し休憩しよう
例文2.部活動中に生徒の集中力が落ちてきたから少し長めの休憩を入れた
例文3.クラスの友達と話せるから休憩時間が学校生活で一番の楽しみだ
例文4.休憩時間に気になっていた新作のゲームの情報を確認する
例文5.集中して絵を描いていて疲れたからお茶を淹れて少し休憩しよう
仕事中に休憩をとることは、モチベーションと集中力の維持にとって重要です。また、休憩による眼精疲労の軽減や、活力の維持にも大切で、90分ごとに休憩をとる仕事スタイルのほうが、一日中仕事をし続けるよりも生産性が高いというレポートもあります。

休憩の会話例

  • 質問者アイコン

    仕事に集中出来なくなってきたなぁ…お腹も空いたし。

  • 回答者アイコン

    丁度お昼ですし、外でご飯食べませんか?
    最近駅前に美味しそうな定食屋が出来たんですよ。

  • 質問者アイコン

    いいね!ちょっとお昼ご飯食べて休憩して、午後も頑張ろうか。

  • 回答者アイコン

    はい。

休憩をとり過ぎているのではないかと罪悪感を覚えることもあるかもしれません。しかし、効果的で生産的な仕事をするためには、充電して休む時間が本当に必要だということです。プロジェクトをスケジュール通りに進めるためにも重要だど思いますが、仕事が波に乗っているときに無理矢理休憩をとる必要はありませんが、集中力が切れてきたり、空想にふけったりしているいる自分に気づいたら、デスクを離れて休憩をとるようにしましょう

休憩の類義語

休憩に似た言葉には「休息」「息抜き」「中断」などが挙げられます。どれも作業などの手を止めて休むことを表しています。

休憩まとめ

長時間行なっている仕事や勉強の手を途中で少し止めて、身体を休めることを「休憩」と言います。
休憩中に人との会話や外の景色、室内でも「あれ?あんなところに・・・。」なんて新しい発見があるかもしれません。気負いすぎずに少しリラックスする事も大事なんですね。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事