仲介(ちゅうかい)

昨今ニュースで話題の芸人の闇営業。そこでは芸人と反社会勢力を繋げる仲介役がいたという話が出ています。こういった悪い話だけではなく不動産での契約の話をする際や縁談の場、他にもなど色んな場面で使われる言葉ですが、どういう意味を持ち、どういう時に使われるかなどを詳しく解説していきます。

[adstext]
[ads]

仲介の意味

直接話し合うことが出来ない当事者の間に入って問題の解決に努める事。契約や話がスムーズに出来るように便宜を図りまとめる事。不動産では売・買主や貸・借主の取引を仲立ちすることを指しています。

仲介の由来

「仲」という言葉には、人と人との間柄、人と人の間を取り次ぐこと。という意味があります。
そして「介」には、間にはさまる、間をとりもつ、助ける。などの意味があります。それらを組み合わせると、人の間に入ってまとめる、助けるとい意味を持つ「仲介」という言葉ができます。

仲介の文章・例文

例文1.知り合いの娘さんのお見合いに仲介役として席に参加して縁談の成功に努めた
例文2.友人同士が喧嘩をしてどちらも話を聞かず、埒が明かないので仲介して場を治めた
例文3.A社とB社の取引の仲介をした
例文4.友人の誕生会の盛り上げ役として知り合いに仲介してもらい、芸人を会場に招いた
例文5.友人に気になる子がいるということなので仲介しデートの約束を取り付けた
誰かと誰かを結びつける事を仲介すると言います。友人同士の話であれば何もありませんが、契約の話であれば仲介手数料というものがかかる事が多くなります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

仲介の会話例

  • 質問者アイコン

    この間いろんな会社の社長がいるような大きな規模の宴会に行ったんだよ。

  • 回答者アイコン

    そうなんだ。
    どうしてそんな所に行けることになったの?

  • 質問者アイコン

    夢をつかむチャンスだと思って、友人に仲介してもらったんだ。

  • 回答者アイコン

    夢が実現すると良いね。

この場合は自分でお願いをして知り合いに間を取り持ってもらった時の会話です。人によっては、自分のためとはいえ仲介を頼んで大きな舞台に立つという事は少し勇気がいることかもしれません。

仲介の類義語

仲介に似た言葉としては、「取り持つ」「橋渡し」「仲立ち」などが挙げられます。

仲介まとめ

基本的には良い話をすすめたり、喧嘩の間に入ったりと、人と人の縁を繋げる素敵な言葉ですが、中には悪い人や法に触れる事に招く人もいます。良い話の裏には悪い事があるなんて言葉もあるくらいなので、見極めて、注意しないといけませんね。仲介するにしてもされるにしても、その先にどんな事があるか想像を膨らませてよく考える事が必要です。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事