仮面就職で第一志望を探し続ける

仮面就職(かめんしゅうしょく)

最近若者の間で、「仮面就職(仮面就活)」をする人が増えていることをご存知ですか。「仮面浪人」はよく聞く言葉かもしれませんが、「仮面就職」って何だろうという人も少なくないかと思います。そこで今回は、「仮面就職」という言葉について詳しく解説していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

仮面就職の意味とは

「仮面就職」とは、就職活動において本命の企業や職種とは違ったところで合格した場合に、本命の企業は引き続き狙いつつも、「就職浪人」になるよりは、安定した収入を得るためにひとまず合格した会社に入社することを言います。某タクシー会社ではドライバーの高齢化に伴い、積極的に仮面就職へのエントリーを促しています。

仮面就職の由来

大卒や第二新卒の就職率が上昇傾向にあることや、若者の大企業思考などがこの「仮面就職」が生まれた原因だと言われています。

仮面就職の文章・例文

例文1.仮面就職の裏には、若者の大企業思考がある。
例文2.仮面就職を快く受け入れて、若者を確保する。
例文3.フリーターになるよりは、仮面就職をする方がましだという考えが多い。
例文4.仮面就職した会社を一年で辞める。
例文5.仮面就職したものの、その会社がすごく気に入ってしまった。
某タクシー会社では、例文5のような狙いもあるんでしょうね。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

仮面就職の会話例

  • 質問者アイコン

    就活が全然上手くいかないよ。

  • 回答者アイコン

    大丈夫よ、私もまだ本命以外の三社からしか採用をもらってないわよ。

  • 質問者アイコン

    三社からもらえてるだけいいじゃないか。

  • 回答者アイコン

    まあそうなんだけど、仮面就職は嫌だから本命に向けて気合を入れないと。

本命とは言いますが、どんな仕事が自分に合っているかなんてやってみないとわかりませんよね。

仮面就職の類義語

「仮面就職」の類義語には「仮面浪人」や「仮面退職」などが挙げられます。

仮面就職まとめ

今回は、本命企業以外からの採用試験合格が出た場合に、本命企業への転職は引き続き狙いつつも、フリーターよりも安定を得るために、採用してもらえた会社に就職することを意味する「仮面就職」という言葉について解説しました。某タクシー会社のように、とりあえず一回だけでも入社してもらって、そこでもし引き続き働いてくれる若者がいればラッキーという考え方も、高齢化が進んだ企業へ若い労働者を呼び込むには良いアイデアですね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事