仮釈放

ニュースなどで「仮釈放」との言葉を聞いたことがある人は多いかもしれません。最近では日産のゴーン氏など著名人が逮捕されるケースでは、仮釈放についても大きく取り上げられます。ここでは、仮釈放の意味や問題点を説明します。

仮釈放の意味とは

仮釈放とは、自由刑の判決を受けた受刑者が、刑務所等の刑事施設から収容期間満了の前に釈放されることです。釈放後の残刑期間は、保護観察官による指導と観察を受けながら社会生活を送ることになります。もちろんこの期間に問題行動や犯罪行為をする事になってしまえば、再度刑務所に戻る事になってしまいます。その為、仮釈放中は一般生活へしっかりと適応する為の規則正しい生活を送る必要があるのです。

仮釈放の由来

受刑者の仮釈放に関して、刑務所内での態度や生活はもとより、犯罪に対する反省や再犯の畏れがないこと、更生の意欲があること、社会的感情を踏まえて判断されます。仮釈放は、受刑者が早期に社会復帰をできるようにするための刑事政策の一環です。

仮釈放の文章・例文

例文1.刑務所内でも真面目にしていたから、仮釈放になったんだね。
例文2.あんなひどい犯罪者には仮釈放は認められない。社会が許さないよ。
例文3.仮釈放されて、刑の残りの期間は、保護司の監督の下で生活することになる。
例文4.刑務所はどこも満員で、それで仮釈放される人もいるみたいよ。
例文5.仮釈放は刑が停止したわけではないから、当然取り消しになる場合もある。
仮釈放では、まだ刑の執行中ですので、住居や生活に関して制限が設けられます。仮釈放期間中に問題がなければ、刑の執行は終了として取り扱われます。

仮釈放の類義語

刑事政策としては、「保護観察」の中に仮釈放が含まれています。仮釈放の他には、少年院からの仮退院者や刑の執行猶予中の人なども、保護観察となります。

仮釈放まとめ

刑務所等での収容人数が過剰になると、犯罪者の処遇の低下が危惧されます。そのため、仮釈放による一般社会内での処遇が多くなりますが、やはり施設内よりも再犯防止が難しいという問題をはらんでいます。その為、仮釈放の決定については非常に難しい判断を迫られる事になっています。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事