他人の失敗から学ぶ

他山の石

勤めている会社や通っている学校のキャンパスなどで「あれ?この人の言動って少しおかしいかも…」と感じたことはありませんか。色々な価値観の人が共同で生活している現代社会、思わず意図が分からずイライラしてしまうこともあります。
心が不安定になったときに勇気を与えてくれるのが「他山の石」ということわざです。一体どのようなテーマが込められているのでしょうか。人生の格言を探しに、出かけてみましょう。

他山の石の意味とは

他山の石とは、他人の悪いおこないやメッセージも、自分を磨く原動力になってくれるということです。快く思わない周囲の人の言葉や態度に、ときに深く傷つくこともあります。マイナスとしか思えない出来事であっても、視点を変えてみると「自分を変えてみる、大きなキッカケ」になることもあります。他人の良くは思わない言動も、自分磨きの大きなヒントになるというのが…他山の石の考えです。

他山の石の由来

他山の石の一節は、中国に古くからある「詩経」という文学書に記されています。たとえよそに汚い石が落ちていたとしても、それを研ぎ石として利用すれば、自分の持っている装飾品が光る。このことから、つまらないと思った他人の言動もひとつの反省材料にすれば、立派なこやしにすることができる…という意味が生まれました。

他山の石の文章・例文

例文1.A社の失敗例は他山の石だ、我が社も問題点がないか会議で検討してみよう
例文2.あの人を見て、他山の石にすることが大切よ
例文3.面倒な人間関係も修行のひとつ、他山の石の精神を学ばなくちゃね
例文4.あおり運転で逮捕された犯人を見て、他山の石だと痛感した
例文5.友だちのミスは他山の石、同じ間違いをしないようにテスト勉強がんばってね
他山の石にはくだらない・つまらないと思ったことも、スルーするのではなく「そこから何が学べるのか」考えてみることがまずは大事と説いた言葉です。他人事ととらえず、自分だったら…と他者を自分におきかえてみることから「自分磨き」は始まるのかもしれません。

他山の石の類義語

他山の石の似た言葉として、反面教師・人のフリ見て我がフリ直せ・人こそ人の鏡・下手は上手の手本…などのことわざがあります。

他山の石まとめ

思わず目を疑いたくなるような他人の行動を目の当りにすると「自分には関係のない出来事」とさっさと片づけたくなるような事もあります。つまらない・くだらないと思える他人の言動こそ、自分を光らせる未来のメッセージ。思わぬヒントが隠れていることもあります。身近な人を反面教師にしながら、正しいおこないを選択していくのも、大人としての価値のある生き方です。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事