介護ローン

介護ローンは、主に両親など家族の介護の為に、車イスや介護ベッドなどを購入する資金を金融機関から借りる多目的ローンの一つです。ひと昔前の銀行からのローンは、住宅や車購入が一般的でしたが、最近は多目的ローンという名称の元に旅行・医療・美容などローン目的も細分化されてきています。
その中でも高齢化社会である現在の日本では、介護ローンを利用する件数や相談も増えて、年々深刻な問題となっています。

介護ローンの意味とは

両親や家族などに介護が必要になると、ベッドや車椅子、さらに医療機器やリフォームなど急激な出費が増えてしまいかねません。国や自治体では費用補助の福祉制度などもありますが、それよりも銀行や金融機関の介護ローンを頼るのが現状となっています。
それぞれの金融機関で違いもありますが、概ねで金利は4~5%、借入金額最大500万円、返済期間最長10年、保証人や担保不要という条件が多いです。これは、他の多目的ローンもほぼ同じ条件なので、介護ローンだから特別金利が高いなどはありません。

介護が必要になるほど老いてなくても、玄関やお風呂などをリフォームする必要に迫られる事もあるでしょう。このような事にも対応するのが、介護ローンの特徴でもあります。
しかし、高齢者である両親の介護ローン支払いを、その子供である現役働き世代が支払うのが現実であり、住宅ローンなど自分たちの生活に新しいローン支払いも加わり、最悪で両親共に介護ローン破産となるケースも増えて社会問題となっています。

介護ローンの由来

現在は定着している介護ローンですが、言葉として定着してきたのは2000年代に入ってからです。それまでは、フリーローンの一部として「介護支援ローン」や、老人ホームに入居する為のローンとなるのが一般的でした。
それが2000年代以降は、介護ローンとして一般にも知られるようになり、徐々に浸透していきました。その背景には、金融機関があの手この手でローン商品を発売した事もありますし、少子高齢化が深刻な社会問題として受け止められるようになったのもあります。

介護ローンの文章・例文

例文1.介護ローンは多目的ローン(フリーローン)の一つ
例文2.車椅子やベッド購入などで介護ローンを利用する例が多い
例文3.金利や借入金額などは他フリーローンと同等なのが介護ローン
例文4.しかし、介護ローンは支払いの困窮が懸念される
例文5.今後の高齢化社会で介護ローンをどうするかが問題
介護ローンの例文は、このような使い方が多くなります。どうしても、その性質からネガティブ面も強調されてしまいます。しかし、様々な金融機関で扱っていて、借りやすいなど良い面があるのも事実です。

介護ローンの類義語

介護ローンの類義語には、「無担保ローン」「商工ローン」「学生ローン」などが挙げられます。

介護ローンまとめ

介護ローンも当初は、高齢者を支える目的として機能していたのですが、現在は利用する人は元から生活が苦しく、さらにその支払いを子供が負担しているのが現実となっています。
銀行等には多目的ローン(フリーローン)の一部である介護ローンが用意されているので、介護の為の寝具購入やリフォームの際に利用しやすくなっています。また、シニア世代を応援する同様のローンもあるので、高齢化社会に適用するよう金融機関側も模索をしています。

この記事を読んでいる人に人気の記事