五月病に悩む

五月病(ごがつびょう)

五月病と言っても大体何となくぐらいでしか分からない人がが多いと思います。この五月病の言葉の使い方はどのように使うのかという例文を元に詳しく説明して行こうと思います。

五月病の意味とは

五月病は気分から起こる病気です。特にゴールデンウィーク近くになりやすいです。。憂鬱な気分になったり、食べるのが面倒くさくなってしまったりして、5月頃に体調の不調が起こる事です。主な症状としましては、何もする気が無くなる、ボーっとしている。家でダラダラ過ごしてしまうなどのような症状です。

五月病の由来

五月病というのは4月に入社したり、学校が始まったりして新しい環境に慣れる頃に精神的に不安定な状況になる事を指します。それが大体5月頃に始まると言う事から五月病と言われてます。

五月病の文章・例文

例文1.
例文2.誰でも一度は通るかもしれない。新入社員になりがちな五月病
例文3.だるい、五月病かもといって甘ったれている
例文4.さらばうっとおしい五月病
例文5.五月病という病気は無いです。やる気が下がっていく病気です。
五月病は風邪とかのような病とは違いメンタル的な病気です。五月病だからすぐに治ると考えているとなかなか治らなかったり、悪化して本当に何もする気力が無くなってしまいます。

五月病の類義語

五月病の類義語としては、スチューデントアバシー=学生などが無気力になって何もやる気がなくなってしまう事をいいます。

五月病まとめ

五月病は体の不調ではなく、4月に入った会社人や学生が環境に慣れすぎてしまった為か、それか全く環境に馴染むことが出来なくて、何もする気がなくなってしまって無気力な状態になってしまう事です。
体の病気ではなくて精神的なものですので、回復するにはすぐに回復する事は出来ません。リフレッシュするような事をしたり、自分のやりがいがある事をすると徐々に回復して行きます。
五月病といっても軽くみていると、うつ病や自律神経失調症になったりしますので、注意が必要です。人によってはやる気だけではなく、下痢などの消化系の症状が出たり、吐き気なども引き起こされる事がありますので注意が必要ですし、早めの回復が必要です。あまり続くと燃え尽き症候群になる可能性がある。
五月病の対策としては、自分の行動をスケジュール化する必要があります。朝起きてからダラダラしていましたら、結局昼過ぎまでダラダラしてしますのは目に見えています。時間をスケジュール化する事によって、この時間までに作業を終わらせようとしたり、常に時間を意識して行動するようになります。
時間を意識しすぎてしまうとストレスになってしまい逆に体に悪いので、無理をしないようにして疲れた時は適度に休んだ方がいいです。リフレッシュする事でまた頑張ろうという気持になって覇気が出てきます。大事なのは無理をしない事です。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事