二枚舌で人を騙す男性

二枚舌(にまいじた)

あなたの知り合いには「二枚舌」を使う人はいませんか?二枚舌とは言葉で人を欺くことです。言っていることがころころと変わる人は、信用できません。「昨日はAと言ったのに、今日はBと言った」ということを繰り返していると、周りの人間はその人の言葉を信じなくなります。「口は災いの元」と言いますが、二枚舌を使っていると、そのことわざをリアルに体験してしまうことになります。この記事では、「二枚舌」の意味や由来について解説します。

二枚舌の意味

二枚舌とは「人にうそをつく」という意味です。二枚舌の特徴は「言ったことが前後矛盾している」ことです。二枚舌という言葉は「舌が二枚あり、それぞれを状況によって使い分けている」様子をイメージさせます。裏表があり、信念が一貫していないようにも見えますね。このことから、二枚舌は非常にネガティブな言葉として使われています。

二枚舌の由来

二枚舌は仏教用語である「両舌」が語源となっています。仏教には「十悪」と呼ばれる教えがあります。十悪には「身による悪」「口による悪」「意による悪」と3つの項目があり、最も重い悪は「殺生」と「邪見」だとされています。両舌とは「人の仲を裂く言葉」という意味で、「口による悪」に分類されます。AさんとBさんにそれぞれ別々の事実を言い、意図的に仲を裂くのが両舌です。両舌という言葉は、舌が二枚ある様子を表しています。このことから、両舌が転じて「二枚舌」と言われるようになりました。

二枚舌の文章・例文

例文1.二枚舌ばかり使っているから、友人にも愛想をつかされるんだ
例文2.二枚舌が災いして、あの優しい祖父を怒らせ、縁を切られてしまった
例文3.あいつは二枚舌で、言ってることがしょっちゅう変わるから何が真実か分からなくなる
例文4.二枚舌を使われると気分が悪くなる
例文5.調子のいいことばかり言って、二枚舌を使っているんじゃないか?
上記のように、二枚舌は人を混乱させ欺くネガティブな言葉として使われます。

二枚舌の会話例

  • 質問者アイコン

    うちの母は別に悪い人じゃないんだが、時に妄想が過ぎるというか、悦に浸るところがあるというか・・・。言うことがころころ変わって、息子の私でもいまだにつかみどころのない人なんだ。

  • 回答者アイコン

    周囲は迷惑しているんですか?

  • 質問者アイコン

    まあ振り回されることはあれど、そこまで悪気がないように見えるから、ついつい許してしまうんだがね。

  • 回答者アイコン

    じゃあ、私の叔父よりはましですよ。私の叔父は二枚舌で意図的に周りをひっかきまわしてましたから。

上記の男性と女性は、それぞれ親せきの発言に迷惑しているようです。周囲を振り回す発言は不興を買うので、悪気がなくても発言には注意したいところですね。

二枚舌の類義語

二枚舌の類義語をいくつか見てみましょう。「虚言」「舌先三寸」「風見鶏」などが似た意味を持つ言葉として挙げられます。「虚言」は文字通りうそをつくこと。「舌先三寸」は言葉が達者だが心が伴っていないこと。「風見鶏」は状況によって都合の良い側に味方することを、それぞれ意味します。

二枚舌まとめ

ここまで、二枚舌という言葉について解説しました。誠実な人はいつでも裏表なく語ります。人の顔色を窺って二枚舌を使うのではなく、一貫した信念のある言葉を語りたいものですね。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事