事実婚(じじつこん)

最近では生活が多様化され、恋人関係のままでいたいが一緒に暮らしていたい、結婚しなくても充実している、しなくてもいいのではないかというカップルが増え、それに伴い結婚をせずに事実婚をしている方が多くなっています。聞いたこともあるしなんとなくのイメージはつくが実際どういう状態のことを指すのか、これから解説していきます。

[adstext]
[ads]

事実婚の意味

法律婚(役所に婚姻届を出し戸籍、姓を変える一般的な結婚)をしていないが社会的に夫婦と同じ生活を送っているカップルの関係をしています。中には法律婚で夫婦別姓が認められない場合に事実婚を選択するケースもあるようです。結婚をしていなくても住民票の世帯主と続柄の欄に「夫(未届)」「妻(未届)」と記載する事ができるので、住民票で内縁関係を証明するなどの手続きをすれば婚姻届を提出した夫婦と同じ扱いになる場合があるようです。

事実婚の由来

婚姻の意思はあるが夫婦別姓でいたい、戸籍の制度に反対などの婚姻制度に対して何らかの疑問を持ったために社会的に許容されていないもの事実上の結婚をしているものとして非法律婚(事実婚)をするカップルが増えてきました。

事実婚の文章・例文

例文1.ずっと一緒にはいたいが戸籍は変えたくないと彼女がいうので事実婚を選択した
例文2.両親には反対されているが私は事実婚をしている
例文3.事実婚をしたが彼女の手術の同意書は家族ではないと駄目だとサインさせてもらえなかった
例文4.念願叶って子どもが産まれたが事実婚のため母親の戸籍に入るらしく僕の戸籍には入らないらしい
例文5.理想は事実婚だけどやはり今後のことを考えると結婚をしたほうがいいのかもしれない
例文はこのようになります。事実婚にはメリットもデメリットもあります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

事実婚の会話例

  • 質問者アイコン

    事実婚って子どもが産まれたらどうするの?

  • 回答者アイコン

    この間調べたら、非嫡出子ってことになって、母親の戸籍に入るみたいよ。
    戸籍には入らないけど認知の手続きは必要みたいね。

  • 質問者アイコン

    そっか。

  • 回答者アイコン

    うん。ごめんね、戸籍を変えたくないなんてわがまま言って。

事実婚のカップルの子どもに関わる会話になります。

事実婚の類義語

事実婚の類義語は「同棲」や「内縁」などが挙げられます。

事実婚まとめ

戸籍や名義の変更など結婚は良いとされるものですが面倒な事が多く、その手続きの大変さから敬遠する人や、結婚という縛られる関係が嫌で事実婚を選択される方もいます。法律上認められていない関係のメリット、デメリットが複数ありますのでもし事実婚をお考えならもう一度調べ、考えてから選択してくださいね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事