不買運動をする人

不買運動(ふばいうんどう)

現在韓国と日本の関係は悪くなっており、韓国で日本製品不買運動が広がっています。漢字を読んでなんとなく意味がわかるかと思いますが、この不買運動は経済に関わるかなり厳しい問題です。不買運動というのは一体どう意味なのか、詳しく解説していきます。

不買運動の意味

主張、抗議のために消費者が特定の製品を買わないようにする運動のことを言います。
価格協定や寡占、買占めなどで消費者が不当な高音を強いられた際などに多数の消費者が結束して長期間購入しないという運動を不買運動と言います。

不買運動の由来

漢字そのままで物を買わないという選択をする運動を消費者全体で行うことで、企業側に大打撃を与え商品を購入しやすい値段に下げさせたり、消費者の意見を通す効果があります。カラーテレビの二重価格に不満を抱いた消費者が不買運動を行い企業は価格の是正を行なったことが有名な話となっております。

不買運動の文章・例文

例文1.満を辞して発売した商品だったが値段が高いという理由で不買運動が行われ価格を下げざるを得なかった
例文2.政治の対立によりわが国では他国の製品は買わない不買運動を行なっている
例文3.不買運動が行われているせいでかなり経済面に打撃を受けている
例文4.短期間の不買運動では意味がないので長期間国民で結束して主張を続けている
例文5.不買運動を町内で行なっているがどうしても買わないと困るものなので早く終わらないかと密かに思っている
不買運動は企業に大きなダメージを与えますが実際消費者側も長い間我慢することになってしまいます。

不買運動の会話例

  • 質問者アイコン

    今日本製品不買運動が韓国で広まっているから日本結構やばいんじゃないか?

  • 回答者アイコン

    調べたらビールとかカップ麺とかユニクロとかも売上減ってるみたい
    でも国民全員がそれをやっているっていうわけじゃないからまだ救いよね

  • 質問者アイコン

    韓国が好きな日本人とか日本が好きな韓国人がすごい肩身の狭い思いをするね

  • 回答者アイコン

    韓国でも日本製品不買運動を促す旗が立てられたことに国民から批判はされてるみたいだけどどうなんだろうね。早く解決するといいんだけど

話題になっている日本製品不買運動について話す男女の会話になります。

不買運動の類義語

企業に多大な影響を与え主張を通すという意味で、「ボイコット」や「ストライキ」が似た言葉に挙げられます。
また韓国との外交問題で言えば、「ホワイト国からの除外」もこの問題の大きな火種となっていると言えるでしょう。

不買運動まとめ

現在韓国で日本の製品を買わないで政治的に優位に立とうとする運動は広まっています。日本の製品は質が高いため韓国人も「今は我慢」という気持ちで運動をしている人も多いようです。
不買運動をする消費者側も欲しいけど買わない、もしくは代替品で我慢をするというデメリットが大きいように感じます。ただそれで主張が通った時、わかってもらえた時の効果、メリットもまたかなり大きなものとなります。
こういう話を聞くと、企業や売り手あってこその消費者だし、消費者あってこその企業、売り手なんだというなんとも複雑な関係が見えてきますね。どちらにとっても丁度いい結果で終わって欲しいと思います。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事