不測の事態に対応する男性

不測の事態(ふそくのじたい)

不測の事態は予期せぬ出来事のことです。生活していれば、予想にもなかった出来事が起こることがあります。予想できていれば、その物事に対しての対策を事前に講じることができます。しかし、想定していないことであれば対策を講じることもできず、悪い結果を招いてしまうこともあります。今回は、そんな予期せぬ出来事を表す不測の事態という言葉について説明をしていきたいと思います。

[adstext]
[ads]

不測の事態の意味とは

不測の事態の意味は予期せぬ出来事のことです。アクシデントや緊急事態など予想できなかった事柄について表すことができます。

不測の事態の由来

不測の事態の「不測」は予測のできないことを意味しており、「事態」はことのありさまや成り行きを意味しています。これらの言葉を組み合わせて不測の事態という言葉が成り立っています。

不測の事態の文章・例文

例文1.不測の事態に備えて多くの非常用食料品を倉庫に補充しておく。
例文2.不測の事態が起きて多大な被害が出てからでは遅いので、予めできる限りの対策を講じる。
例文3.今日は期末試験なのにも関わらず、電車が遅延しているというのは不測の事態である。
例文4.彼女とデートしているときに前に付き合っていた彼女と出会うという不測の事態に苛まれる。
例文5.不測の事態が起きたときには落ち着いて迅速に対処することが必要です。
これらから不測の事態は予期せぬ出来事について表す際に用いられる言葉です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

不測の事態の会話例

  • 質問者アイコン

    もし、仕事をしていて不測の事態が起きたらマニュアルを通りに業務をこなして、どうしてもわからない場合は上司に一度確認をしてね。

  • 回答者アイコン

    はい。不測の事態が起きたときはそのように対応したいと思います。

  • 質問者アイコン

    でも不測の事態が起こらないことが一番だけどね。そのために予め起こる問題を想定しておくんだ。

  • 回答者アイコン

    そうですね。仕事でのちょっとした間違えが不測の事態を招くこともありますしね。だからこそ集中して取り組むことが大切ですね。

これは、不測の事態が起きたときの対応について話している様子です。

不測の事態の類義語

不測の事態の類義語には、「緊急事態」「予想の斜め上」「憂慮すべき事態」などがあります。

不測の事態まとめ

不測の事態という言葉があるように私達は未来に何が起こるかを予想することはできますが、未来で何が起こるかはわからないです。そのため、想定していなかった事件や問題に直面して困ってしまうことがあります。そういった状況に陥ったとしても解決できるように普段から対策を考えて行動することが大切です。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事