不死鳥は英語ではphoenixという

不死鳥(ふしちょう・phoenix)

不死鳥とは、一度死んでも再び蘇る鳥のことです。不死鳥のことをフェニックスと言ったりもするので聞いたことがあるという人は多いと思います。不死鳥は、伝承によるもので今日でも言葉として使われることが多々あります。伝承では、見た目が赤いことから火の鳥などと呼ばれることもあります。そんな不死鳥は、どんな使い方がされるのか意味、由来を交えつつみていこうと思います。

[adstext]
[ads]

不死鳥の意味とは

不死鳥とは、一度死んでも再び蘇る鳥のことです。今日では、比喩表現に使われることが多いです。フィクションなどの世界で何度も蘇る姿やコンテンツが何度も流行る様子などを表す言葉として使われることがあります。使える場面は多いので機会があれば使ってみるといいと思います。

不死鳥の由来

不死鳥の起源は多くの説がありますが、古代エジプトの聖鳥に由来していると言われています。

不死鳥の文章・例文

例文1.彼は物語の中では不死身でいくら倒しても生き返ってくるその様子はまさに不死鳥である。
例文2.再生力が凄まじいその生物は四肢がなくなろうとすぐ再生するので不死鳥のようだ。
例文3.不死鳥のように何度でも形を変えて蘇るロボットに恐怖を覚える。
例文4.そのゲームはオワコンと言われていたが、新たな要素を追加されて不死鳥のごとく2度3度と流行した。
例文5.瀕死に追い込まれた悪役だったが、周りのエネルギーを取り込んで何度でも蘇る姿はまさに不死鳥である。
これらから不死鳥という言葉は、何でも蘇る様子を表すのには最適な言葉です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

不死鳥の会話例

  • 質問者アイコン

    この前、君に進められたアニメを見たんだよね。

  • 回答者アイコン

    どうだったかい。面白かっただろ。早く続きが読みたいんだよね。

  • 質問者アイコン

    うん。主人公が夢の中で何度も死んでは不死鳥のごとく蘇る姿は、もの凄かったよ。

  • 回答者アイコン

    主人公はとても魅力だよね。まだ続きがあるから是非読んでみるといいよ。

これはアニメの内容について話している様子です。

不死鳥の類義語

不死鳥の類義語には、「フェニックス」「輪廻転生」「生色が戻る」などがあります。

不死鳥まとめ

皆さんも一度は、不死鳥という言葉を耳にしたことはあると思います。今回を機会に使い方や類義語などを覚えておけば役に立ちます。不死鳥という言葉の使い方をマスターして使いこなせるといいと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事