不正出稿(ふせいしゅっこう)

不正出稿とはリスティング広告において、他社が所有している商標キーワードに対して商標権の侵害をしている広告出稿を行っている事を指します。特に最近はネット広告の比率も以前と比べると大きくなっており、そういった中で不正出稿の問題はネット広告の代理店はもちろん、広告出稿主にとっても大きな問題となっています。

[adstext]
[ads]

不正出稿の意味とは

不正出稿の意味とは、リスティング広告において、他社が所有している商標キーワードに対して商標権の侵害をしている広告出稿を行っている事を指す言葉です。特に「ネットで稼げる系」と言われる商材でアフィリエイターが不正な出稿をする事が問題となっており、その対策が求められています。

不正出稿の由来

不正出稿の由来は、日本にネット広告が導入された時期にさかのぼります。まず1996年にバナー広告(純広告)がYahooによって始まり、1999年頃にはアフィリエイト広告が、2002年頃にはリスティング広告(検索連動型広告)が始まりました。不正出稿が多くなったのはアフィリエイト広告が始まって以降であると言われており、約20年間にわたって問題の根本的な解決はされない状況が続いているのです。

不正出稿の文章・例文

例文1.不正出稿への対策は広告主にとってもリソースが割かれる。
例文2.商標権の問題もあり、不正出稿はしっかりと対策を取る必要がある。
例文3.問題は常に不正出稿を平然とする輩にある。
例文4.不正出稿が蔓延る原因はやはり制裁が具体的ではない事もある。
例文5.不正出稿をする事で企業として信用を失うケースもあり、注意が必要だ。
不正出稿についての例文をいくつか挙げています。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

不正出稿の会話例

  • 質問者アイコン

    アフィリエイターの商標を無視した、不正出稿が多くて大変だよ。

  • 回答者アイコン

    手作業で確認をしていくのも本当に手間暇かかるもんね。

  • 質問者アイコン

    自動検知でアラートが出て、対応できる様なサービスあるといんだけど…。

  • 回答者アイコン

    最近リソースされたサービスで「Check Mate」っていうのがあって、広告業界ではすごく評判いいみたいよ!

広告代理店で働く男性が不正出稿への対応に愚痴をこぼしている所に、おススメのサービスを伝える女性の会話です。ちなみに【Check Mate】のサービスはまずは無料で試せるので、一度試してみる事をオススメします。
https://check-mate.app/

不正出稿の類義語

不正出稿の類義語としては「商標権侵害」が挙げられます。

不正出稿の対義語

不正出稿の対義語としては「出稿」「入稿」が挙げられます。

不正出稿まとめ

ネットの中のルールはどうしてもまだ出来上がっていない事もあり、一般の社会と比べるとルール無用となってしまうケースや一部の人がいるようです。ただ今後対策がされたり、法整備が進んでいく事は確実ですから、万が一にもそういった事が無いように企業も個人も今後は一層襟を正す必要があるのではないでしょうか。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事