不正乗車に注意する

不正乗車(ふせいじょうしゃ)

「キセル乗車」という言葉を聞いたことがありますか?乗車駅の近くまでの切符と降車駅の近くからの切符を利用して乗車賃を不正に安くする方法です。不正乗車の有名な一つですが、実は皆さんも気づかずに不正乗車している可能性がありあます。今回はその不正乗車とはどのようなものを指すのかを解説していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

不正乗車の意味とは

不正乗車の意味は、旅客輸送の旅客が定められた乗車券類を持たずに運賃・料金を不正に免れようとする行為です。キセル乗車、経路外乗車、折返乗車が代表的な例です。

不正乗車の由来

戦前から煙管乗り(=キセル乗車)という言葉があるので、戦前から不正乗車はあったようです。最近ではICカードが普及してきたのであまりキセル乗車は目立たなくなりましたが、鉄道の本数が増えてきた中、目的地方向とは逆の方向に乗りそこから目的地にいく電車に乗り換える折返乗車が増えてきています。

不正乗車の文章・例文

例文1.席に座りたいために乗車券区間外の電車に乗るのは不正乗車だ
例文2.定期券を使ったキセル乗車が横行していて鉄道会社も注意している
例文3.大胆にも乗車券を偽造する不正乗車も事件になっている
例文4.大回り乗車は違法ではないが、誤解を生まないようにしておくべきだ
例文5.他人名義の定期券の貸し借りは違法なので、絶対にしてはならない
キセル浄書

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

不正乗車の会話例

  • 質問者アイコン

    昨日電車で寝ちゃったら終電まで行っちゃってまた折り返してきたんだ・・・

  • 回答者アイコン

    結構あるあるかもしれないけど、れっきとした不正乗車になるから次から気をつけてね

  • 質問者アイコン

    そうだよね・・・乗り過ごしたこと駅員に伝えたらその分の料金取られたよ

  • 回答者アイコン

    区間内でのサービスのために料金を払ってるのだからそこはしっかり守らないとね。

たしかに入った駅から忘れ物等で戻って出ようとするとどこまで乗りました?と聞かれますね。それが鉄道会社としては、不正乗車、キセル乗車は減らすための対応の一つなのです。

不正乗車の類義語

不正乗車の類義語には「無賃乗車」「キセル乗車」「ショートカット乗車」「不正搭乗」などがありあます。

不正乗車まとめ

不正乗車とは、利用乗車区間の料金を何らかの方法で料金を払わずに乗車することでした。料金外の駅まで行ったり、他人の定期券を借りたりすることを軽く考えている人もいる様ですが、それは犯罪ですから絶対にしてはいけません。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事