不正アクセスを犯すハッカー

不正アクセス(ふせいあくせす)

情報技術の発展に伴い、インターネットを中心としたコンピュータ・ネットワークを正しく運用することは、高度情報通信社会の健全な発展にとって不可欠なことです。その一方でインターネットを利用した犯罪も増えています。またそういった犯罪がある事も、ネットを使っている人は予め理解をした上で使用していく事が重要です。今回はネット犯罪のひとつ、「不正アクセス」について解説していきます。

不正アクセスの意味とは

不正アクセスとは、本来アクセス権限を持たない者が、サーバや情報システムの内部へ侵入を行う行為です。その結果、サーバや情報システムが停止してしまったり、重要情報が漏洩してしまったりと、企業や組織の業務やブランド・イメージなどに大きな影響を及ぼします。インターネットは世界中とつながっているため、不正アクセスは世界中のどこからでも行われる可能性があります。

不正アクセスの由来

実際の不正アクセス事例としては、Webサイトの改竄やコンピュータウイルスの埋め込み、機密情報や個人情報の不正取得、遠隔操作による他のコンピュータへの攻撃や迷惑メール、ウイルスなどのばら撒き、クレジットカード番号など金融機関の認証情報の詐取による金銭の盗難などがあります。
例文2.不正アクセスによる被害は、インターネットの普及とともに拡大している。
例文3.不正アクセスによって会社の機密情報が盗まれた。
例文4.セキュリティソフトを導入することで、不正アクセスから情報を守ることができる。
例文5.不正アクセス罪を犯した者は、3年以下の懲役又は100慢円以下の罰金に処されます。
企業も不正アクセスによる対策をしっかり行う必要があります。

不正アクセスの会話例

  • 質問者アイコン

    あれ??私のSNS、乗っ取られてる??

  • 回答者アイコン

    え、ほんと?パスワードが間違っているとかじゃないの?

  • 質問者アイコン

    うーん・・・。これであってるはずなんだけどなあ。

  • 回答者アイコン

    もしかしたら不正アクセスされたのかもしれないね。

不正アクセスされないためにも、パスワードはわかりにくいものか、更新するようにしましょう。

不正アクセスの類義語

「不正アクセス」の類義語には「ハッキング行為」、「ネットワーク犯罪」等があります。

不正アクセスまとめ

インターネットの普及によって誰しもインターネットに接続して情報を得れる時代になりました。その反面、「不正アクセス」のようなネット犯罪も増えてきています。自分の身は自分で守れるように対策をしておきましょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事