不意打ちでの攻撃から逃げる人

不意打ち(ふいうち)

不意打ちの意味は、急に何かを行ったり、いきなり相手に攻撃したり、襲い掛かったりする事です。不意打ちは自然に会話の中でも伝われることが多いので、正しい意味をしっかりと理解しておきましょう。今回は不意打ちの意味や由来、類義語、例文などをわかりやすく解説をしていきます。

[adstext]
[ads]

不意打ちの意味とは

不意打ちは相手をいきなり攻撃したり、急に物事を行う事を意味する言葉です。また別の書き方で「不意討ち」というのがありますが、こちらの字の場合は相手を不意に襲い掛かるという意味になりますから、適用範囲が「不意討ち」の方が狭くなります。「不意打ち」は急に物事を行うなどの意を含んでいる為、幅広い利用が可能になります。

不意打ちの由来

不意打ちの由来は、不意という言葉が突然、急にという意味を持っており、打ちは言葉が出来た当時は相手を討つという意味を持っており、突然相手に攻撃をしかけるという意味になりました。代表的な例でいえば、織田信長が桶狭間の戦いの中で織田軍が今川義元の本陣に急襲をかけて乱戦に持ち込んだ例などは、想像しない不意打ちを喰らわせたと言えるでしょう。

不意打ちの文章・例文

例文1.不意打ちの攻撃に防御が出来ずに怪我をしてしまった。
例文2.いつ何時、誰の挑戦でも受けるというアントニオ猪木の言葉を不意打ちすらさせない強さがある。
例文3.現代ではないが、当時は寝込みを襲うなどの不意打ちは弱者の戦法としてあった。
例文4.不意打ちの様に急に話を振られた少年はあまりの驚きに固まってしまった。
例文5.テレビの中でも芸人さんの不意打ちとも言えるスムーズな回しと対応に感嘆する。
不意打ちは想像しないところから、想像もしない行動や攻撃が来るからこそ弱者の兵法として、昔から日本では存在してきたのです。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

不意打ちの会話例

  • 質問者アイコン

    僕たち本当に、恋人同士になったんだね。

  • 回答者アイコン

    回答テキスト
    不意打ちでいきなり告白するなんて、ズルいよ!

  • 質問者アイコン

    みんなの前で不意打ちでやるからこそ、君の本音が聞けるじゃない?

  • 回答者アイコン

    そうだけど、告白してもらったうれしさよりも、みんなの前だから恥ずかしさが凄かったよ。

恋人同士になった若い男女の会話で不意打ちの様に告白をした事について話しています。

不意打ちの類義語

不意打ちの類義語としては、「奇襲」「虚をつく」「夜討ち朝駆け」「だまし打ち」「寝首をかく」などがあげられます。

不意打ちまとめ

不意打ちについてまとめてきましたが、欧米諸外国では不意打ちの様な文化はあまり容認されておらず、日本では第二次世界大戦時に真珠湾攻撃を行いましたが、これは世界的に非難が集まっています。日本では問題ない行為であっても世界的には許容されない行動言動はこれに限らず、多くあるでしょう。そういった事も合わせて調べてみるといいかもしれません。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事