不当解雇された

不当解雇(ふとうかいこ)

様々な働き方がる現代で、学生時代に起業してしまう学生や、会社と並行していたビジネスが大当たりしてそちらを軸にして会社を退職するなど、色々な動きが見られます。その中でも会社勤めの人にとっては退職は重要なポイントになるのではないでしょうか。転職にしても起業するにしても退職という通過点が存在しているわけです。この退職に関連して、「不当解雇」というものに焦点を当てて、解説をしていきたいと思います。

不当解雇の意味

不当解雇とは、法律上の争点や就業規則等に全く触れていないにも関わらず、使用者(会社側)から一方的に解雇通告されることです。通常の解雇に関しては上記の点に触れることで、会社に何かしらの損害を与えた等の際に発生することがあります。
不当解雇はその性質上、社員側が裁判を起こして訴え出ることもできますが、そのための費用や人的・時間的負担が大きいため、裁判になることがほとんどありません。労働基準監督署に訴え出ることもできますが、本当に不当かどうかの検討をすることになるので、難しいようです。

不当解雇の由来

正当な解雇ではなく、理由のない労働者が一方的に不利益になるような解雇であることから不当解雇という風に呼ばれています。

不当解雇の文章・例文

例文1.真面目に勤務してきたのに、こんなのは不当解雇だ
例文2.不当解雇のせいで路頭に迷うことになった
例文3.不当解雇は許せない
例文4.不当解雇のせいで苦しむ人がいる事実を知るべきだ
例文5.不当解雇が起こらないような会社にしよう
不当解雇は会社にとってもデメリットがとても大きいです。なぜならSNS等のコミュニケーションツールが発達した現代において、どこの会社がそれを行ったかということがすぐにわかってしまうからです。

不当解雇の会話例

  • 質問者アイコン

    先月、不当解雇で退職させられた人が会社相手に裁判を起こすらしいよ。

  • 回答者アイコン

    なんかかわいそうだね。
    そういうことする会社だと不安になるよ。

  • 質問者アイコン

    俺も転職しようか悩んでるんだよね。

  • 回答者アイコン

    私もちょっと考えようかな。

会話例のように、不当解雇は会社にとっても、そこで働く従業員にとってもマイナスになる傾向もあるようです。

不当解雇の類義語

不当解雇に近い言葉としては、「リストラ」や「会社都合退職」というものがあったりします。

不当解雇まとめ

繰り返しになりますが、不当解雇は双方にとってとてもデメリットが大きいです。会社にとってはマイナスイメージなってしまう危険性があり、された側にとっても理由がわからない解雇は精神的なダメージが大きいからです。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事