不埒な態度に辟易とする女性

不埒(ふらち)

不埒は、道理を外れた行いのことです。社会には、決められたルールというものがあります。それは、憲法であったり、法律であったり、条令であったりと様々です。そんなルールに反してしまえばペナルティを受けることも少なくないと思います。そんな規則を無視した行いのことを不埒ということがあります。今回は、そんな不埒という言葉の使い方についてみていきたいと思います。

[adstext]
[ads]

不埒の意味とは

不埒の意味は、道理を外れた行いのことです。道理とは、今日で例を挙げるならば、憲法や法律がそれにあたります。一般的に悪とされる行為についても道理を外れた行いと言うことができると思います。

不埒の由来

不埒の「不」は、道理を外れたことを意味し、打ち消し表す言葉でもあります。また、「埒」は、物事の区切りを意味する漢字です。これらから不埒という言葉は、区切りから外れるということから転じて今の意味で使われるようになったと考えることができます。

不埒の文章・例文

例文1.社会のルールをやぶるような不埒なものには、くれてやるものなど何もない。
例文2.その男性は、不埒な行いをしたとして現行犯で逮捕されてしまった。
例文3.不埒な輩には、何も言っても無駄だろう。
例文4.憲法や法律がなければ、治安は悪化する一方で、不埒な人を取り締まることはできないだろう。
例文5.不埒な行いを数多くしてきた彼は信頼を得るということはまずあり得ないだろう。
これらから不埒という言葉は、道理を外れたことに対して使うことができます。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

不埒の会話例

  • 質問者アイコン

    彼は、今後その罪を一生背負って生きていくしかないんだ。

  • 回答者アイコン

    そうだね。社会のルールを破った不埒者は、罰とともに罪を背負うべきだよ。

  • 質問者アイコン

    うん。僕たちも今後、彼のような過ちを起こす人がでないように配慮すべきだね。

  • 回答者アイコン

    僕もそう思うよ。まだまだやれることは沢山あるよ。

これは、不埒な行いをした人について話している様子です。

不埒の類義語

不埒の類義語には、「横風」「破廉恥」「驕傲」などがあります。

不埒まとめ

物事には、決まりというものがあります。また、手順というものもあります。何かをするときに使い方を間違ってしまったり、順番を間違ってしまったりすると大抵上手く行かないことが多いと思います。だからこそ、物事の決まりや手順を知って行動できるといいと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事