万引きGメンに連絡しなきゃ

万引きGメン(まんびきじーめん)

世界各国、全国各地で多種多様な犯罪が横行していますが、その中でも普段の生活の中で短にある犯罪の一つとして「万引き」があります。子供から大人まで幅広い年齢層が万引きで捕まっているのをニュースやドキュメンタリーで見たことがあるのではないでしょうか。そうした万引きを専門で取り押さえる「万引きGメン」という人たちがいます。この万引きGメンとはなんなのかについて解説していきます。

万引きGメンの意味

万引きGメンというと、やっていることは警察のような印象を受けますが、実際には警備会社に雇用されている従業員がこれを行なっています。そのめに、入社後に取り押さえ方の講習を受けるなどの必要性があります。現行犯として取り押さえるのは万引きGメンの役割で、店側が警察対応の判断をした場合に、警察に身柄を移されるという流れですね。

万引きGメンの由来

もともと「Gメン」とはアメリカの連邦捜査官(FBI)の俗称で、そこから万引き専門に対処する人とGメンを掛け合わせて万引きGメンと呼ばれるようになりました。

万引きGメンの文章・例文

例文1.万引きジーメメンの手際の良さには感服だ
例文2.将来は万引きGメンとして活躍したい
例文3.世の中から万引きがなくならないから万引きGメンのような存在は必要だと感じる
例文4.この間、テレビで万引きGメンのドキュメンタリーをやっていた
例文5.新しく万引きGメンを5人雇用した
実際にスーパーや食料品店で勤務している方は日常生活の中でも使う機会のある言葉でしょうが、そうでない方はテレビ番組を観て、話題として使うことがあるかと思います。

万引きGメンの会話例

  • 質問者アイコン

    昨日の万引きGメンのドキュメンタリー番組観た?

  • 回答者アイコン

    観た観た!
    観察力がすごいなーって思ったよ!

  • 質問者アイコン

    あんなに微妙な動きに気づけるってすごいよね!

  • 回答者アイコン

    逆にそのくらいできないといけないんだろうね。

このような感じで話題に上がるのではないでしょうか。

万引きGメンの類義語

万引きGメン以外にも、「●●Gメン」と呼ばれている職業は他にもあり、例えば麻薬捜査官であれば「麻薬Gメン」や「公害Gメン」と呼ばれている職業もあるようです。

万引きGメンまとめ

万引きは直接的に人に障害を与えるような系統の犯罪ではありませんが、それが発生することによって困る人がいるのは確かです。万引きGメンでなくとも、そういった行為を発見したらスタッフに相談するなどの対応ができるといいですね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事