一粒万倍で生活が潤う

一粒万倍(いちりゅうまんばい)

引っ越しをしたり、新しい仕事を始めたり、旅に出てみたり…。何か新しいことをスタートするときには、開運日が気になることもあります。一粒万倍は運を引き寄せたいときに知っておきたい、ステキな言葉です。ハッピーな毎日を送るためのヒントにしてみてください。

一粒万倍の意味とは

一粒万倍【いちりゅうまんばい】とは、何かを始めるのにベストな日のこと。ひと粒から数倍のお米が実ることから、幸せが何倍にも膨らんでいくという嬉しい意味があります。一粒万倍日は、仕事はじめ・引っ越し・結婚・趣味はじめに良い日とされています。逆に借りたお金が数倍に膨れる危険があるため、お金を借りる日としては避けた方が無難です。

一粒万倍の由来

一粒万倍日は二十四節気の暦から、生まれたものです。二十四節気とは太陽の道すじを、24等分に区分けして作られたもの。雨水や夏至などがそのひとつにあたります。開運日とされる一粒万倍は、その年によって変わるため最新の暦をチェックすることが大切です。

一粒万倍の文章・例文

例文1.今週末は一粒万倍日、結納にふさわしいお日柄だね。
例文2.迷ったすえ結婚式は一粒万倍日におこなうことにした。
例文3.まさに一粒万倍、何をやっても上手くいく1日だね。
例文4.今日は一粒万倍の日、お金のトラブルには気を付けてね。
例文5.風水にうるさい姉から、一粒万倍についての助言を受けた。
会社を設立したり、引っ越しをおこなう日は、できればハッピー日の方が嬉しいもの。一粒万倍は、勇気と希望を与えてくれる素晴らしい言葉です。

一粒万倍の類義語

一粒万倍の似た言葉として、「一路順風」「順風満帆」「万事如意」などがあります。どの言葉もすべて思い通りにうまくいく、物事がスムーズに進むという意味があります。

一粒万倍まとめ

一粒万倍とはひと粒の実から、数千・数万のお米が作れる…に由来したすべて意のままになる・成功するという意味があります。二十四節気の暦に由来する一粒万倍日は、何をやってもハッピーに収まる開運の1日。新しいビジネスを始めたり、引っ越しをしたり、婚約や結婚をおこなうのにも相応しい日です。
お日柄のよい日に新しい物事を始めると、気持ちもすっきり凛と整うもの。何か新しいことに興味をもったら、一粒万倍の日に手習いを始めてみるのも良いかもしれません。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事