一病息災で健康を考える

一病息災(いちびょうそくさい)

季節の変わり目は体調を壊しやすいですよね。最近はコロナウイルスも危険視されていますし、体調が悪くなることに敏感になってきています。
そんな時期は無病息災を願い、神社に参拝しに行く方もいるのでしょうか。病気にはかかることなく、健康で元気に暮していきたいですよね。ただ今回はたとえ病気にかかってしまったとしても少しポジティブになれる「一病息災」という言葉に関して見ていきましょう。

一病息災の意味とは

「一病息災」とは、「ずっと健康でいる人よりも、かえって何か一つくらい軽い病気にかかっている人の方がより健康に気を使うことで、長生きするものだということ」を意味します。昔から非常によく使われる言葉なので、しっかりと覚えておきましょう。

一病息災の由来

一病息災という言葉は、よく聞かれる「無病息災」と言う言葉につながります。
無病息災」の由来は明らかになっていませんが、「無病」は古代中国における思想書の「淮南子」、「息災」は有名な「枕草子」などに文言が残っています。また、「息災」に関しては仏教用語で用いられ、現在でも仏様や神様を祀る場では、病や災いを防ぐための言葉として使用されています。無病息災は中国語でも確かに存在し意味も同様なので、日本に伝わったのは間違いありません。しかし具体的にいつ、誰によってかは不明です。
そんな無病息災という言葉から「一病息災」という言葉がうまれたのではないかと言われています。

一病息災の文章・例文

例文1.軽い病気になってしまったが、一病息災、これを機に健康に気を使っていこう。
例文2.一病息災だし、軽い病気なんて思いつめすぎないでね。
例文3.気休めだけど病気になって通院が始まるし、一病息災だと考えればいいかな。
例文4.一病息災だからって、悲観しないのもよくない。
例文5.肝臓を壊した。症状が重すぎて一病息災なんて言ってられない。
あまりにも重篤になってしまったら一病息災なんて言えないですよね。使い方によっては皮肉になってしまうかもしれません。

一病息災の会話例

  • 質問者アイコン

    最近体調が悪くて困ってるんだ。たまに苦しくて胸が痛くなるんだよ。

  • 回答者アイコン

    それは大変よ、コロナウイルスも流行っていることだし一度病院にいって見たらどう?

  • 質問者アイコン

    そうだね、実は生活習慣も乱れていたしすごく不安なんだよ。怖いけど一度行ってみるよ。

  • 回答者アイコン

    そうよ。なんの病気かはわからないけど、一病息災とも言うしもっと健康に気を使えるようになるんじゃないかしら。

このようにたとえ病気になっても、それがきっかけで生活習慣や健康をしっかり見直すことが大事ですね。

一病息災の類義語

「一病息災」の類義語には、「無事息災」「無病息災」などの言葉があります。

一病息災まとめ

「一病息災」は病気になる事を勧めている言葉ではありません。
しかし、たとえなってしまっても「一病息災」を思い出して、そこから今までの自分の習慣などを改めて見てはいかがでしょうか。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事