一心不乱に走り続ける

一心不乱(いっしんふらん)

人間には実はそれほど能力差はなく、どういった気持ちや意志を持って物事に取り組んでいるのか、その差が結果には大きく関係をしています。目標達成に向けてどういった姿勢での臨むのかは大事ですよね。そういった姿勢を表した言葉として今日は一心不乱の意味や由来、使い方を説明していきます。

一心不乱の意味とは

一心不乱の意味は一つのことに心が集中していて、他のことに心を奪われないことです。これは目標や目的に向かって、必死に頑張っている姿やなにかに打ち込んでいる人に対して使われる事が多く、意味合いとしては非常に肯定的な意味となります。
やはり人間熱中をしている人、頑張っている姿は非常に魅力的ですし、万が一結果が伴わなくとも、その過程がきっと将来の自分自身の糧となってくれるのではないでしょうか。

一心不乱の由来

一心不乱の由来は仏教用語からきています。「我体を捨て、南無阿弥陀仏と独一なるを一心不乱というなり。されば念々の称名は念仏が念仏を申すなり。」という一説があり、ここで使われている一心不乱が語源です。仏道に精進して悟りをひらき、多くの人を救う為に研鑽を重ねる覚悟や思いを込めた言葉となっています。

一心不乱の文章・例文

例文1.勉強に一心不乱に励み、大学受験合格を目指す
例文2.きっと将来一心不乱に取り組んだ事が経験として還元される
例文3.箱根駅伝は一心不乱にゴールを目指すランナーに心打たれる
例文4.人生で一度くらいは物事に一心不乱に取り組む経験が必要だ
例文5.目標の為に一心不乱に邁進する人は魅力的だ
一心不乱は非常に好意的な言葉として、社会一般では認知をされており、とかく結果よりも過程を大事にする日本社会においては、その取り組む姿勢に好感が持たれる事が多い様です。

一心不乱の類義語

一心不乱の類義語としては「一意専心」「無我夢中」「一生懸命」「精神一到」があげられます。多くの言葉が目的に向けての心構えや取り組み方を示唆した言葉となっています。

一心不乱まとめ

勉学、スポーツ、仕事において何かを成す人というのは、往々にして一心不乱に取り組んだ経験や取り組んでいる最中であったりします。それはもちろん最大限の成果を出す為に他ならないのですが、結果的にその経験が未来の自分に大きな意味や価値を持ってくるものとなるのです。
一心不乱に取り組めることが見つかると人生は非常に豊かで充実したものになるのではないでしょうか。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事