ワークライフコンフリクト

出産しても仕事を続ける女性が増えてきたこともあり、ビジネスの現場は以前に比べて大きく変わってきています。会社の人事や総務を担当している方にとって知っておきたい言葉のひとつに「ワークライフコンフリクト」というキーワードがあります。少し難易度の高いワークライフコンフリクトとは、一体どのような意味なのでしょうか。

ワークライフコンフリクトの意味とは

ワークライフコンフリクトとは、ワークライフバランスの対義語として使われる言葉です。ワークライフバランスとは、仕事とプライベートのバランスが十二分に取れているベストな状態のこと。対してワークライフコンフリクトとは、子育てや介護・長時間労働など何らかの原因により、仕事とライフのアンバランスが目立つ状態のことを示しています。

ワークライフコンフリクトの由来

ワークライフコンフリクトが生まれるようになったのは、バブルが弾けた1990年代ころといわれています。それまでの日本はバブルの絶頂にあり「ファイト一発」や「24時間働けますか?」などのキャッチコピーが意味するとおり、仕事にすべての命を注ぎ込むことが良しとされていた時代。1990年代になりデフレが続くようになると、金銭的な価値よりも「精神的なゆとり」が重視されるようになります。共働き世帯の増加や少子化の影響も受けて、おのずと生まれてきたのがワークライフコンフリクトの指摘です。

ワークライフコンフリクトの文章・例文

例文1.非正規雇用の増加が、ワークライフコンフリクトに拍車をかけている
例文2.共働きのカップルにとって、ワークライフコンフリクトの概念は非常に重要だ
例文3.あなたが思うワークライフコンフリクトについて、レポートを提出してください
例文4.従業員のワークライフコンフリクトを把握することが、これからの企業において大切だ
例文5.ワークライフコンフリクトの解消策について、審議した
ワークライフコンフリクトが生じるようになると、働く人のモチベーションが下がり結果として、消費者の購買意欲がそがれてしまうデメリットもあります。ワークライフコンフリクトの生じる問題点を企業や国が、正しく認識すべき時期にきているのかもしれません。

ワークライフコンフリクトの類義語

ワークライフコンフリクトの類義語として、長時間労働・ブラック企業・ワークワーク社員などがあります。ワークライフコンフリクトが起こる背景には少子化による人手不足、過重労働・非正規スタッフの増加など…いろいろな問題が隠れています。また対義語としては「ワークライフバランス」があります。

ワークライフコンフリクトまとめ

ワーク(仕事)とライフ(私生活)のアンバランスな状態が続くことを、ワークライフコンフリクトといいます。男性も女性も若ものもお年寄りも、すべての人が住みやすく働きやすい社会を作るためには「ワークライフコンフリクトの無い環境」を目指すことが大切です。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事