ワークフロー(Workflow、Work Flow)

「ワークフロー」とは「業務の流れであり業務改善の方法」です。近年はIT用語やビジネス用語として幅広い意味が込められている「ワークフロー」を一言で説明するのは難しいですが、要するに業務を効率よくする現場で積極的に導入され、仕事上でも何かと口にされています。例えば、昔なら紙書類で山のようになっていましたが、現在はオンライン上で上司や部下がやり取りをしてペーパーレスで効率良くなっています。そんな大変便利なシステムが「ワークフロー(システム)」なのです。

[adstext]
[ads]

ワークフローの意味とは

「ワークフロー」の意味は以下の通りとなります。
(1)企業における業務の流れ。
(2)仕事の手続きや処理手順をフローチャートで図式化し分かりやすくしたもの。
(3)オンラインによって、従来の紙書類を電子化して業務を効率化したシステム。
(4)「ワークフローシステム」も同義。
「ワークフロー」は直訳した「作業(業務)の流れ」となる事からも、企業における日常の業務やり取りを意味した言葉でした。例えば上司から部下や担当者へと書類が流れる一連を「ワークフロー」と呼んでいたのですが、それがさらに図式化したフローチャートも「ワークフロー」となり、今では従来の紙申請や書類を電子化し効率的になった「ワークフローシステム」も略して「ワークフロー」と呼ばれています。従って「ワークフロー」は複数の意味があり端的にいうなら、業務流れ・業務のフローチャート・電子化システムといったところです。それぞれを「ワークフロー」と言いますが、業務内容や会話やり取りなどから通常は特別な混乱もなく、互いに意味が通じ合い理解されています。

ワークフローの由来

「ワークフロー」の由来は始まりをどこにするかで意見も分かれますが、18世紀を代表するイギリス人哲学者・アダムスミスの著書「国富論」などの経済思想が影響を及ぼしたとされています。

ワークフローの文章・例文

例文1.上司とワークフローの作業工程について意見を出し合った。
例文2.コロナ禍で日本の行政における機能不全なワークフローシステムの問題点が洗い出された。
例文3.欧米はワークフローで役所の手続きが簡略されているが、日本はかつてよりは効率的になったがそれでも大分劣る。
例文4.社員数人の零細企業の我が家も社長である親父の独断でワークフローを導入して業務効率化を目指す事になったが、それが浸透する頃には倒産か誰かが入院しているだろう。
例文5.半グレの詐欺集団もワークフローで業務を徹底分担させ、上司役の監視をしやすくさせているのだから笑ってしまう。
ビジネス用語として「ワークフロー」を使った例文です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

ワークフローの会話例

  • 質問者アイコン

    明日はクラス会があるから実家に帰るんだよね。ところで、家の事は何をすればいいの?

  • 回答者アイコン

    ゴミ出し、お風呂掃除、部屋の掃除、それから買物に行って夕食を作っておいて。

  • 質問者アイコン

    おいおい、結構やる事が多くないか。これならワークフローのフローチャートでもないと、家事初心者の俺にはハードルが高いよ。

  • 回答者アイコン

    何言っているのよ。それから、買物帰りにクリーニング屋にも寄ってきてね。

妻がクラス会参加で家を留守する事になり、その間の家事を任された夫との会話やり取りです。

ワークフローの類義語

「ワークフロー」の類義語には、「グループウェア」「ビジネスフロー」「業務フロー」などの言葉が挙げられます。

ワークフローまとめ

「ワークフロー」は企業などの業務活動や作業工程などの流れであり、また分かりやすくした図式化したものやオンラインを利用して書類作成などを簡略や効率良くしたシステム(ワークフローシステム)の事でもあります。現在はこれらを全て「ワークフロー」と呼び、業務効率化の重要な役目を担っています。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事