ワークシェアリングとは働く時間を減らして仕事を多くの人で分け合うこと

ワークシェアリング(Work sharing)

皆さん、「ワークシェアリング」の意味やどういった場面での使い道があるかご存じでしょうか?
日本では、今から10年以上前に提唱されていた手法ですが、海外では数十年前からワークシェアリングが導入されています。
そこで、今回は「ワークシェアリング」について説明していきたいと思います。

ワークシェアリングの意味とは

ワークシェアリングとは、一人で担っていた仕事を、複数人でその仕事を行うことにより一人ひとりの業務の負担を軽減し、効率的に高い業務運営を目指す働き方を指します。
ドイツなどでは、労働時間を短縮してそれぞれの仕事をシェアすることにより雇用状態を維持しようとする動きも凄く活発だったらしいです。
このような労働運動の関りなどによって、日本では当初は受け入れられませんでした。
しかし、近年のテレワークリモートワークといった働き方の興隆・アウトソーシングが一般化して様々な分野でワークシェアリングが再注目されています。

ワークシェアリングの由来

ヨーロッパにおけるワークシェアリングの歴史は1980年代に遡ります。
その中でも、経済 改革に成功したオランダの事例が有名です。
オランダで推進されたワークシェアリングは、短時間の雇用を生み出す雇用創出型が基本である

ワークシェアリングの文章・例文

例文1.ワークシェアリングは大切だ
例文2.ワークシェアリングの導入を考えている
例文3.女性の社会進出を進めていくために、子育て世代のワークシェアリングは必須だと思う
例文4.オランダは経済危機をワークシェアリングによって克服した
例文5.ワークシェアリング制度を導入することで、正規雇用者の数が減少し、非正規雇用者が増加してしまう懸念がある
ワークシェアリングとは、雇用を確保する目的で、働く時間を減らし仕事を多くの人で分け合うことを指します。

ワークシェアリングの会話例

  • 質問者アイコン

    各企業がワークシェアリングなどの働き方を使えば様々なメリットが出てくるんじゃないかな

  • 回答者アイコン

    私もそう思います。

  • 質問者アイコン

    メリットがあればやはりデメリットもあるんだよね

  • 回答者アイコン

    給料の手取り額が少なくなるというデメリットがありますよね

何でもメリットがあればデメリットがあります。
しっかりその意味を理解していきたいですね。

ワークシェアリングの類義語

ワークシェアリングの類義語としては、「分け合う」「分かち合う」「共有」などがあります。

ワークシェアリングまとめ

ワークシェアリングとは、仕事を分け合うことで働ける人が増えるといった雇用の拡大に大変大きな意味があります。
一人の労働者による長時間労働といった雇用環境の改善にも意味があるのです。
各企業がワークシェアリングなどの働き方を使うことで過労死防止などの期待も持てます。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事