ワイヤーフレームを作る

ワイヤーフレーム(wire frame)

今日、ブラウザを利用してWebサイトを見る人が多くなりました。スマホが普及した現代、わからないことがあれば外出先でもスマホを使って調べることができます。ググる言葉が使われるようになったぐらいインターネットを利用して調べ事をするというのは当たり前になっています。そんな私達が普段よく目にしているWebサイトを製作するときには、ワイヤーフレームというものを作成することがあります。そんな言葉について意味や使い方を解説していきたいと思います。

ワイヤーフレームの意味

サイトのデザインが決まる前段階でWebページのレイアウトを定める下書きのことです。

ワイヤーフレームの由来

ワイヤーフレーム(wire frame)は、英単語が由来となっています。また、Webサイト自体もそうですが、ワイヤーフレームもそのまま英語が日本で使われていることがわかると思います。このように技術用語は、ドキュメントが外国語ものも多く存在するため、英語のまま言葉として使われることが多いです。

ワイヤーフレームの文章・例文

例文1.Webサイトを新しく作成するためにワイヤーフレームを作成する
例文2.モックアップを作成する前にワイヤーフレームを作成するのが一般的である
例文3.ワイヤーフレームを作成する前には、サイトに必要な情報を整理することが大切である
例文4.作成予定のWebサイトのワイヤーフレームでレイアウトを決めることによってサイトの完成イメージが湧きやすくなる
例文5.ワイヤーフレーム作成ツールを使ってWebサイトの作成を始める
今日、ワイヤーフレームを作成するツールは色々なものがあります。これもインターネットが私たちの生活に溶け込んでいるからです。検索エンジンも日々進化しており、検索したい言葉を入力すれば、調べたいことがだいたい上位に表示されるようになっています。このようにインターネットが普及し、多くのWebサイトが存在する現代では、ワイヤーフレームという言葉を耳にすることもあると思うので覚えておいても損はないでしょう。

ワイヤーフレームの会話例

  • 質問者アイコン

    自分のWebサイトを作成したいんだけどどうすればいいのか

  • 回答者アイコン

    とりあえず、ワイヤーフレームを作成してみたらどうかな?

  • 質問者アイコン

    そうだね。ワイヤーフレームを作成してある程度のレイアウトを決めてみるよ。

  • 回答者アイコン

    ワイヤーフレームを作れば、完成イメージを掴みやすいからサイト作成がより捗ると思うよ

何事も下準備というものは大切ですね。下準備をすることで作業を効率よく進めることができます。Webサイト作成する際にも同様で設計図を作成することよってその後の製作がスムーズに進めることができることができるのです。

ワイヤーフレームの関連語

ワイヤーフレームの関連語としては「SEO」「検索エンジン」などがあげられます。

ワイヤーフレームまとめ

サイトを作成する際には、ワイヤーフレームの他にもモックアップやプロトタイプというものも作成することがあります。これらは、アプリ開発などの際にも作られることがあります。また、何事も順序ごとに進めていくことが大切です。サイトを作る時も同様であり、まずどのようなターゲット層がいてその人たちがどんなことに興味があるかやどうしたらサイトを多くの人に見てもらえるかなど考えることです。一般的には、多くのWebサイト運営者は、サイト訪問者を少しでも増やしたいと考えるはずです。そのためにもワイヤーフレームはいかに重要であるかということがわかりますね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事