ローンチ

ローンチ(launch)

ローンチは浸透し始めたのは比較的新しい言葉と言えます。WebサイトやWebアプリケーションを新たに公開する場合などに使われ始めており、インターネットの爆発的な普及によってWebサイトやWebアプリの広がりによって、ビジネスシーンでも使われる言葉になってきています。

ローンチの意味とは

ローンチは英語表記では「launch」となり、直訳すると意味としては公開・開始・立ち上げ・発進などの意味があります。ビジネスシーンで使われる言葉の意味としてはWebサービスやアプリの公開だけではなく、新商品の発売や新サービスの公開といった意味でもローンチは幅広く使われる様になっています。

ローンチの由来

ローンチは最近使われて始めた言葉で、カタカナ英語の典型とも言える言葉です。英語の表記は「launch」ですが、ネイティブ発音ではローンチとは読めない所がカタカナ英語と言われる由来です。

ローンチの文章・例文

例文1.Webサービスのローンチはスピードが重要だ
例文2.ローンチできないアイデアには意味がない
例文3.メーカーはローンチの際にプレス発表を行う
例文4.ローンチ後のマーケティングが成功の肝である
例文5.商品のローンチを3カ月遅らせる事にした
プロダクトローンチというマーケティング手法もあるくらいで、ローンチは一般にはかなり浸透をしていますが、ビジネスシーン以外での利用はほとんどないと言えるでしょう。

ローンチの会話例

  • 質問者アイコン

    Webサービスのローンチって即時性が求められると思うんだ。

  • 回答者アイコン

    確かに、IT業界はそういうところが早いイメージがあるわね。

  • 質問者アイコン

    でも、同時に正確性も求められて…てなかなかハードじゃない?

  • 回答者アイコン

    まあでも、そういうところがITの特徴でもあると思うの。

Web業界でのローンチについて話し合っている例でした。業界として、ITは即時性を求めらるところがあるように思います。

ローンチ類義語

ローンチの類義語としては「キックオフ」や「リリース」などがあげられます。サービスを開始する、新商品を発売するというニュアンスの言葉で反義語は特にありません。また派生の言葉でソフトローンチ(soft launch)があります。これは新製品や新商品の発売を地域や対象を限定して公開する事を指しています。

ローンチまとめ

ローンチは広く浸透はしていますが、そのネイティブの発音からかけ離れていることから、使う事を嫌う方も多くいます。ローンチという言葉はweb世代である年齢層の人が多く使っている印象です。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事