あの人がロールモデルだ

ロールモデル(role model)

新しく何かを目指すに当たって、もしくは自分が理想とするものに魅せられて変化を求めるる女性は少なくないでしょう。共通して言えるのは、そこには明確なモデル像が存在しているということです。そこで、「ロールモデル」という言葉に関して解説をしていきたいと思います。

ロールモデルの意味とは

ロールモデルというのは、自分自身がこういう人になりたいという対象としての具体的な行動や考え方の基準となる人物のことを指します。女性で言えば、ボディメイクやダイエットで憧れとする芸能人をロールモデルとするケースがあるのではないでしょうか。

ロールモデルの由来

語源自体はいつ頃から存在しているのかは明確なデータが存在していません。

ロールモデルの文章・例文

例文1.憧れの女優をダイエットのロールモデルにする
例文2.どういう人をロールモデルにするのがいいだろうか
例文3.僕の考え方のロールモデルはあの人だ
例文4.彼は社内における従業員の良いロールモデルだね
例文5.ビジネスの世界においてもロールモデルは重要だ
プライベートだけではなく、ビジネスの世界においても使う言葉になりますね。続いて、会話例としてはどういう使い方をするのか見てみましょう。

ロールモデルの会話例

  • 質問者アイコン

    彼は仕事が早いし、周りへの気配りもできるから尊敬するね。

  • 回答者アイコン

    この間、部長も褒めてました。
    スタッフの良いロールモデルになるって。

  • 質問者アイコン

    確かにね!僕も彼をロールモデルにするよ。

  • 回答者アイコン

    みんなが彼のようになったら会社としても成長できますね。

会話としてはこのような使い方をする場合もあります。それ以外にも上述したように、プライベートの中でも使う場合があります。

ロールモデルの類義語

ロールモデルという言葉に近い意味の言葉としては、「モデルケース」だったり「模範」といった言葉が挙げられます。どちらも理想的な人物像に対して使われる言葉になりますね。

ロールモデルまとめ

どんな人にも、何をするのにもモデルケースのになるような人物は存在しているのではないでしょうか。モデルケースを設定することで目標への到達の仕方が明確になったり、早かったりするので、いると理想的ですね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事