ビジネスの成功にロードマップの作成は欠かせない

ロードマップ(roadmap)

ロードマップとは、道路地図や作業工程のことです。ビジネスシーンでも非常に多く使われる言葉です。皆さんは何か物事を行うときに予め計画を立ててから取り組みますか。計画を立てることはとても有効な手段で、何が必要でどれくらいの時間がかかるのかを知ることができます。それにより仕事などであればスケジュールを立てて物事進めることができます。今回は、そんなときに使われる目的を達成するまでの工程表を表すロードマップという言葉の意味や使い方を見ていきたいと思います。

[adstext]
[ads]

ロードマップの意味とは

ロードマップの意味は、道路地図や作業工程のことです。ビジネスシーンで使われる言葉であり、目的までの道順のことを意味します。よく耳にする言葉なので知っておけるといいと思います。

ロードマップの由来

ロードマップの由来は、英単語の「roadmap」にあります。「road」は道路や鉄道、進路などを表す言葉で「map」は地図や写像を表す言葉です。これらの英単語を組み合わせてロードマップという言葉が成り立っています。

ロードマップの文章・例文

例文1.ロードマップに従うことによって、作業効率を上げる。
例文2.予め、ロードマップを作成することによって工程を把握する。
例文3.企業によって製品生産のロードマップは異なる。
例文4.計画的にプロジェクトを進めるために、ロードマップを作成する。
例文5.ロードマップから外れた作業をしていてはいつまでも目的を達成できない。
これらからロードマップという言葉は、道路地図や作業工程を表すにはもってこいの言葉です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

ロードマップの会話例

  • 質問者アイコン

    このロードマップによれば、この先二個目の信号を左に曲がれば目的地に到着するよ。

  • 回答者アイコン

    そうかい。二個目の信号だね。ここら辺はとても道が入り組んでいてわかりづらいね。

  • 質問者アイコン

    そうだね。予めロードマップを作成して道を確認していてよかったよ。

  • 回答者アイコン

    本当だよ。でなければ今頃道に迷っていたに違いないよ。

これは、ロードマップを見ながら目的地に向かっている様子です。

ロードマップの類義語

ロードマップの類義語には、「行程」「作業工程」「過程」「ペルソナ」などがあります。

ロードマップまとめ

ロードマップという言葉はビジネスシーンでよく耳にする言葉です。特に製品開発やプロジェクトを成功させるために工程を表すために使われます。使い方を参考にして使いこなせるといいと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事