ロングテールでSEO対策する

ロングテール(long tail)

みなさんはネット通販を使用したことがありますか?一度、情報を登録すれば一定の流れで購入出来るので時間が無くても手頃に購入出来ます。例えば、欲しいものが近所に売っているか分からない場合、実際に店舗へ足を運ぶ必要があります。取り扱っていなければ次の店舗へはしごすることになりますが、これは時間も労力も必要です。通販サイトの中で代表的な会社と言えばamazonが浮かぶ人は多いと思います。しかしもっと前に大手企業の通販サイトはあったでしょう。なぜamazonが成功したのでしょうか。そのひとつにロングテールという戦略が隠れています。今回は、ロングテールについてご紹介していきます。

ロングテールの意味とは

ロングテールとはWebマーケティングの戦略のひとつです。実店舗というのはヒット商品が目立つ場所に陳列されて、普段売れもしないような商品は店舗に置かない、ヒットしても寿命が訪れれば自然と店頭から外されてしまうものです。一方で国内通販最大手のamazonでは、こんなの誰が買うのかと思うような年に1個しか売れない商品でも取り揃えています。限られたヒット商品に頼らず、売れない商品も売り上げをコツコツと貯めることで莫大な売り上げを作っているのです。

ロングテールの由来

ロングテール(long tail)とは、ロングテール戦略に則って販売数を棒グラフにすると恐竜のしっぽのように見えることから名付けられました。アメリカの月間雑誌ワイアードでamazonや同じくロングテール戦略を行なっているNetflixの事業戦略を紹介する際に、当時の編集長であったクリス・アンダーソン氏が発表して世界中で用いられるようになりました。

ロングテールの文章・例文

例文1.ロングテール法則を最初に応用したのはamazonと言われている
例文2.ロングテール理論とはまさにネットで買い物をする人の特徴をよく捉えている
例文3.ロングテール戦略は今までの常識をひっくり返した
例文4.ロングテール戦略を活用するのであれば、ホームページは一切、手抜きをしないことが重要だ
例文5.SEO対策ではロングテールキーワードも大事である
従来のマーケティングであるパレートの法則では、ロングテールと真逆で2割のヒット商品の売り上げは、全体売り上げの8割を占めていると言われていました。しかしロングテールでは大幅な比率はないと言われています。

ロングテールの類義語

ロングテールは売れない商品を地道に売ることで莫大な売り上げを得ていると説明しましたが、同じようなことわざで「塵も積もれば山となる」という言葉が挙げられます。

ロングテールまとめ

一般の店舗では在庫を保管できる場所に限りがあるのでロングテール戦略は難しく、ヒットしない商品を並べられていても惹かれないでしょう。しかしネットではヘビーユーザーがマイナーな商品を求めることもあります。これは私たちにとっても手が届きやすくて有難いです。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事