インターネットでの出会いは危険もある

ロマンス詐欺

にわかには信じがたい話ですが、このロマンス詐欺という手口が一部外国人の中で横行して、日本でも被害にあう人が出ています。このロマンス詐欺の意味や由来、そして手口についても説明をしていきます。

ロマンス詐欺の意味とは

ロマンス詐欺の意味とは、インターネット上などで知り合った海外の相手を言葉巧みに、恋人や結婚を予定していると錯覚させて金銭を騙し取る手口のことです。
また単独犯のケースもありますが、最近はグループで役割を決めて、組織的に行っているとの指摘があり、これ以上被害が出ないように法的な措置も望まれるます。現在では被害が明らかになった場合でも、ほとんど金銭を取り返せる事は少ないのが現状です。特に被害者は40~50代の女性が多いと言われています。

ロマンス詐欺の由来

ロマンス詐欺の由来は、古くから日本では赤詐欺(結婚詐欺)と呼ばれているものであり、そこから派生しているのが由来であると考えられます。
インターネットの普及やネットバンキングが普及して海外送金が以前に比べると、遥かに楽になった事もあり、アメリカでは社会問題となっています。犯人はナイジェリア人を中心としたアフリカ人、マレーシア人、カナダ人が多いと言われており、国際的な問題として現在は提起されています。

ロマンス詐欺の文章・例文

例文1.ロマンス詐欺は恋心を利用した憎むべき詐欺だ
例文2.ロマンス詐欺は日本語で言うと、赤詐欺・結婚詐欺にあたる
例文3.アフリカ出身者がアメリカ軍人を名乗り、ロマンス詐欺を働くケースもある
例文4.アメリカではロマンス詐欺が社会問題になっており、ガイドラインが作られた
例文5.ロマンス詐欺の被害者は泣き寝入りせずに断固として戦うべきだ
ロマンス詐欺は公表されている数は実際の被害よりも相当数少ないと言われています。それはどうしても被害者が自責の念で被害を申告するのを躊躇うケースがあるからであると言われています。

ロマンス詐欺の類義語

ロマンス詐欺の類義語としては「赤詐欺」「国際ロマンス詐欺」「ナイジェリア詐欺」などが挙げられます。

ロマンス詐欺まとめ

インターネットでの出会いはいろいろな可能性が広がる事もありますが、その反面リスクがある事も覚えておいて、自分自身で自衛をする事も大事です。やはり美味しい話やうまい話には裏がある可能性もありますから、十分注意する必要があります。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事