レピュテーションリスク(reputation risk)

「レピュテーションリスク」とは、企業などの評判が悪化する危険のことです。SNSが浸透している今、少しでも何か書き込むとすぐに拡散して、企業にとっては大きな風評被害を受けるなんてことも普通に起こりうることです。今回は、そのような企業にとっての評判リスクである「レピュテーションリスク」について解説いたします。

[adstext]
[ads]

レピュテーションリスクの意味とは

「レピュテーションリスク」の意味は、冒頭でも説明した通り、企業などの評判のリスク、危険のことです。
少し前に、「バイトテロ」という言葉か流行しましたが、それはアルバイトの従業員がSNSでふざけて、店の商品などを地面に落としたりごみ箱に捨てたりするなどという動画をSNSに投稿したというものです。その軽率な行動により、会社にとっては大きなイメージダウンになり、これも「レピュテーションリスク」の一つの例となります。

レピュテーションリスクの由来

「レピュテーションリスク」は、評判という意味の“reputation”と、危険という意味の“risk”が組み合わさった言葉です。つまり、会社などの評判に対するリスクという意味になります。

レピュテーションリスクの文章・例文

例文1.レピュテーションリスクの低下させるためにも、常にお客様へのサービスが大切だ。
例文2.従業員満足度を高めることが、レピュテーションリスクの低下につながる。
例文3.不祥事が公になり、レピュテーションリスクの引き金となった。
例文4.バイトテロによるレピュテーションリスクの低下は、アルバイト従業員でも損害賠償の問題である。
例文5.レピュテーションリスクの対策として、日頃からSNSなどの教育や指導が必要になる。
「レピュテーションリスク」についての例文となります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

レピュテーションリスクの会話例

  • 質問者アイコン

    会社を運営、維持していくためにはレピュテーションリスクへの取り組みは必要不可欠だね。

  • 回答者アイコン

    そうだね。

  • 質問者アイコン

    特に最近は軽い気持ちでSNSに投稿してもすぐ広がるからね。

  • 回答者アイコン

    ちゃんと教育していく必要があるね。

会社のレピュテーションリスクの対策についての会話です。

レピュテーションリスクの類義語

「レピュテーションリスク」の類義語は、「評判リスク」「風評リスク」です。また、関連語は「バイトテロ」になります。

レピュテーションリスクまとめ

「レピュテーションリスク」とは、企業などによる評判が悪化するリスクのことでした。原因は、お客様によるものや、社員によるものなど様々ですが、レピュテーションリスクを低下させるためにも、教育や、お客様、従業員が満足できる環境づくりが大切なのかもしれないですね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事