レビー小体型認知症で怯える男性

レビー小体型認知症(れびーしょうたいがたにんちしょう)

認知症というのは捻挫や心臓病などのような総称です。なので、具体的に○○型認知症というような様々な症状があります。レビー小体型認知症というのもそのうちの一つです。これからレビー小体型認知症について解説していきます。

[adstext]
[ads]

レビー小体型認知症の意味

・認知機能の変動(理解力や時間などの認識力が良い時と悪い時がある)
・幻視がある
パーキンソン病の症状が見られる
などの症状が現れます。

レビー小体型認知症の由来

脳の広い範囲にレビー小体という異常な蛋白がたまり、脳の神経細胞が徐々に減っていく進行性の病気です

レビー小体型認知症の文章・例文

例文1.レビー小体型認知症の患者が夜に幻視がひどく「部屋に人がいる」というので少し怖い
例文2.母がレビー小体型認知症でパーキンソンの症状もあるので最近表情が硬くなってきた
例文3.レビー小体型認知症と接するのは少し気を使う
例文4.幻視が目立つのはレビー小体型認知症だ
例文5.レビー小体型認知症になった父はいつも何かに怯えている
レビー小体型認知症の例文はこのようになります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

レビー小体型認知症の会話例

  • 質問者アイコン

    昨日見たテレビ番組でレビー小体型認知症を取り上げてたんだ、ちょっと衝撃的だったんだけど見た?

  • 回答者アイコン

    私も見た。こんな風に見えてますって映像化してたやつだよね。
    壁とか椅子に人や動物がいたり急に消えたりしてちょっと怖かったな。

  • 質問者アイコン

    ね、あの映像見てホラーかと思ったよ。常に心霊現象が起きてるってことでしょ?レビー小体型認知症の人っていつもあんな感じなんだと思うとすごいよなぁ。

  • 回答者アイコン

    そうだね、気にしてない人も結構いるみたいだけど、やっぱ怖いよね。

他の認知症に似ている部分もありますが、レビー小体型認知症は幻視があるのが特徴です。

レビー小体型認知症の類義語

類義語は特にありませんが「レビー」「レビー小体」と略されることが多いです」

レビー小体型認知症まとめ

自分にはいるはずのない人や動物の姿が見えているのに家族や友人には見えていないというのは、まるで心霊体験。「そんなのいない」と否定されることがとても恐ろしく感じますね。そのせいで興奮し、錯乱してしまう方も少なくありません。医療現場や介護施設では、不安にさせないようレビー小体型認知症の方の主張を否定せず、まるで見えているかのように振る舞うよう指示されている場合があります。

「レビー小体型認知症について」
上記にて詳しく見ることができます。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事