レギュレーション

ビジネスの基本はPDCAを回して改善をし続ける事です。その中で、企業が活動をしていくと段々とルールが積み重なっていきます。
それはルール、マニュアル、規定など色々な言われ方をしますが、それによって過去の経験を踏襲したより効率的な動作をすることが可能になります。今回は、WEB業界における「レギュレーション」という言葉の意味をご紹介していきます。

レギュレーションの意味とは

レギュレーションはそれぞれの業界によって微妙に意味することが変わりますが、WEB業界における「レギュレーション」は、媒体ごとに定められた仕様や入稿規定の事を指します。とりわけマーケティング用語では、インターネット広告の入稿規定を指すことが一般的です。例えば、バナーのサイズや色合い、禁止ワードなど入稿をするにあたってこれまでの経験を踏襲した規定があります。
特に大企業では過去の経験が大量に蓄積されているので、それをレギュレーションとして定めているところが多いです。

レギュレーションの由来

英語の「regulation」が原語になります。元々の意味としては、規制・調整・制御などと訳されます。
ちなみに似たような英語でruleというものがありますが、こちらはどちらかというと秩序・機能を果たすうえで守るべきものであって、意味合いとしてはレギュレーションの方が強いです。

レギュレーションの文章・例文

例文1.細かなレギュレーションが決まっているので、それにそって行動をしないといけないのがちょっと窮屈だ
例文2.過去の先輩たちの経験を含めて大量のデータが蓄積されているのでレギュレーションが定まっていないとおかしい
例文3.強い組織であればあるほど厳格なレギュレーションが設定されている
例文4.広告出稿のレギュレーションが厳格に決まっているため、新入社員であっても先輩社員と同じように仕事をすることが出来る
例文5.レギュレーションが細かく決まっているかといってそれが絶対に正しいと過信をするのは危険な事だ
会社に仕事を頼む以上は、あくまでお客様が求めているのは個々の担当者によって異なる結果ではなく、一定の成果です。企業として活動をしたり、個人で仕事を受けていくのであればレギュレーションは必然的に設置せざるをえないでしょう。

レギュレーションの類義語

レギュレーションと同じような意味合いで使われる単語としては、マニュアルがあるかと思います。どちらも過去の経験を元により成果に繋がりやすい方法をまとめたものになりますので、特に組織として活動をする上では絶対に必要なものになります。

レギュレーションまとめ

ガチガチに固まった規定は時に窮屈に感じる事もあるかと思いますが、一定の成果を出すという事を考えた時には必要な要素となります。
ただし、自分のしたいようにやったものをレギュレーションにしても意味がないので、作成をするにあたっては数値として客観的なデータを用いて行う事が大切です。
成果を出すために感情による乱れを無くす事を目的として定められています。

この記事を読んでいる人に人気の記事